「処分ができないので規制値を変えて我々の生活空間にばらまいてしまえ」!? 〜8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で再利用へ! 2016.4.29

記事公開日:2016.4.29取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(ぎぎまき)

※本稿はIWJ会員に無料で発行している「日刊IWJガイド」2016.4.27から転載したものです。

 環境省は3月30日、福島原発事故後の除染で出た汚染土に関し、1キロ8000ベクレル以下の汚染土を全国の公共事業で利用できる方針を決定しました。

 8000ベクレル!?数字だけ聞くと「何かやばい数字じゃないか…?」と思われるかもしれませんが、実際にやばそうなんです。そもそも、汚染土を有効利用する意味が分からん!というのが本音ですが、数字を詳しく見ていきましょう。

 これまで、原子炉等規制法に基づく規則において、原発の解体などで発生するコンクリートや金属などの再生利用の基準は一キロあたり100ベクレルでした。しかし、今回の政府の決定はその「80倍」(!)。用途は道路、防潮堤、海岸防災林、土地造成、水面埋め立てに利用できるとされていて、比較的濃度の低い汚染土は道路などを整備する資材としても再利用が計画されています。

▲環境省資料より

減容処理後の浄化物の安全な再生利用に係る基本的考え方骨子(案)/平成28年3月30日 環境省

 政府はこれまで、汚染土の最終処分場の確保に迷走を続けてきました。今回の汚染土再利用の決定は「最終処分量を減らすために、再生利用量を増やす」ことが狙い。100ベクレルを8000ベクレルに引き上げることで、汚染土の最終処分量は9割以上削減できるといいます。  この理屈、皆さんは理解できますか?  処分場が見つからないほどの汚物なのです。処分ができないので、規制値を変えて、我々の生活空間にばらまいてしまえ!という話なのです!何とかベクレルではピンとこない方は、汚い例えで恐縮なのですが、糞尿をイメージしてみてください。あまりにも汚すぎて、1ヶ所に集めることすらできないので、全国にぶちまけて全国民を糞尿まみれにしよう、というのです。

※FoE Japanによる緊急署名「全国に被ばくを強い、環境を汚染する『8000ベクレル/kg以下の汚染土を全国の公共事業で利用』方針に反対」にIWJ岩上安身も呼びかけ人として参加しています。IWJでは、取材・中継をおこなう会場や現場で、この署名用紙を持参して署名を募ります。賛同される方は署名のご協力をよろしくお願いします。また、集まった署名と政府交渉がおこなわれる、5月2日の院内集会も中継しますので、ぜひご視聴ください。

<FoE Japanサイト>
 
<5月2日の政府交渉はIWJ Ch4で中継します>

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です