国会議員と一般市民の討論会「脱原発と総選挙2」 2012.9.4

記事公開日:2012.9.4取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

 2012年9月4日、衆議院第二議員会館で、「脱原発と総選挙」をテーマとした国会議員と一般市民の討論会の2回目が、8月23日に次いで、行われた。主催は脱原発市民選挙イニシアチブ、グリーンアクティブ、eシフト、虔十の会その他。

■ハイライト

  • 出席者
    マエキタミヤコ氏(サステナ)、小島敏郎氏(青山学院大学教授)、山口あずさ氏(グリーンアクティブ)、丸子安子氏(ファッションデザイナー)、河崎健一郎氏(弁護士)、満田夏花氏(FoE Japan)、水野誠一氏 (元参議院議員)、辻恵氏(衆議院議員)、山崎誠氏(衆議院議員)、阿久津氏幸彦氏(衆議院議員)、橋本勉氏(衆議院議員)
  • 日時 2012年9月4日(火)
  • 場所 衆議院第二議員会館(東京都千代田区)

 会の冒頭、環境活動家の田中優氏からの、「『本物の脱原発』の見分け方」というビデオメッセージが放映された。田中氏は、「本物の脱原発を主張する人たちは、日本に地震が多いなどの都合を考えると、『すぐに原発を止めなければならない』と考えるはずです。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です