日朝ストックホルム合意検証と北朝鮮の核実験に対して具体的行動を求める院内集会他、報告会と記者会見 2016.1.15

記事公開日:2016.1.15取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年1月15日(金)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、特定失踪者・北朝鮮人権ネットワークが主催する「日朝ストックホルム合意検証と北朝鮮の核実験に対して具体的行動を求める院内集会」が開かれた。

■院内集会 ハイライト

  • 記者会見
  • 基調講演
    • 石高健次氏(ジャーナリスト)「核実験後、どう動く北朝鮮、そして日本の対応は」
    • 須田洋平氏(弁護士、主催アドバイザー)「北朝鮮の人道に対する罪を国際刑事裁判所に裁く時期が来た」
  • 北朝鮮の拉致・人権問題に取り組む国会議員から
  • 特定失踪者御家族及び北朝鮮からの帰国者から
  • 特定失踪者 北朝鮮人権ネットワークより報告
    北朝鮮の再調査報告に関するの見解/9月〜当日までの活動報告
  • タイトル 特定失踪者・北朝鮮人権ネットワーク主催 日朝ストックホルム合意検証と北朝鮮の核実験に対して具体的行動を求める院内集会
  • 日時 2016年1月15日(金)15:00〜(記者会見)/15:45〜(院内集会)
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 特定失踪者・北朝鮮人権ネットワーク詳細、Facebook)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です