【経産省前テント裁判・全面的控訴棄却】30秒で終わった判決、わずか2行の判決文、判決理由は不明 ———「原発の問題を理解していない」弁護団ら怒り 2015.10.26

記事公開日:2015.10.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:城石裕幸、記事構成:佐々木隼也)

※10月27日テキストを追加しました!
※詳細なテキスト記事は現在作成中です。今しばらくお待ちください!

 「控訴は棄却します。訴訟費用は原告が負担するものとす」――。

 裁判は始まったと同時に、たった2行の判決文が読み上げられただけで、裁判官は判決理由も言わずに退廷した。わずか30秒たらずだった。2015年10月26日、東京高裁で行われた経産省前テントひろば控訴審判決で、「控訴棄却」が言い渡された。

 福島第一原発事故を受け、市民団体が経産省前に設置したテントの撤去を国が求めた訴訟で、東京高裁は「原発事故により深刻な被害を受け、やむにやまれぬ思いで原発に反対する行動に加わったものと理解される」としながらも、「そうであるとしても土地の使用が違法と評価されない法的根拠はない」などとして、テントの撤去と、さらに土地の使用料として約3500万円の支払いを命じた。

■記者会見ハイライト

■報告集会ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

判決理由を言わずに逃げるように立ち去った裁判官

 裁判を傍聴していた鎌田慧氏によると、傍聴席は騒然となり「理由を明らかにしろ」「和解はどうなったんだ」「裁判官出てこい」などの言葉が飛び交い、傍聴人たちはそのまま廷内に居座ったという。

▲鎌田慧氏

▲鎌田慧氏

 衆議院議員第二議員会館で行われた報告会で弁護士の佐藤典子氏は、判決は主文を読み上げただけで3人の裁判官はすぐに退席したという。

▲佐藤典子 弁護士

▲佐藤典子 弁護士

 判決理由も言わずに逃げるように出て行った裁判官に納得いかない代理人と傍聴人たちはその場に座り続けた。通常渡される判決の要旨をめぐって代理人と書記官の間で1時間以上ものやりとりがあった後、裁判官が再び現れて『退廷!』とだけ告げ、廷吏に強制的に抱えられて排除させられたという。

河合弘之氏「根本的なことを言うと原発の問題を理解していない」

 この報告会に先立ち司法記者クラブで開かれた記者会見では、弁護団長の河合弘之氏が憤りを見せた。

 「占有場所は他に使用目的がないのだから専有しても構わないだろう、との主張は否定された。テントを張って表現の自由を行使しているとした『宿営権』という主張も却下された。損害賠償について普通の土地と同じように鑑定をした上で莫大な使用損害金を認定している。根本的なことを言うと原発の問題を理解していない。

 50年にわたって原発を推進してきた張本人である経産省の喉元で抗議をしていることの重要性に全く理解がいっていない。ことの本質を見ていない」

▲河合弘之 弁護団長

▲河合弘之 弁護団長

原告「国」から原発事故への言及が一切ない裁判

 また被告とされた渕上太郎氏は同会見で、「この裁判の非常に大きな特徴として、原告側が2011年の原発事故について、自らの問題として一回も触れたことがない」と指摘。「90平米の占有地の争いに限定している。私たちは脱原発ということであのテントを立てている。テントが強制撤去されるなどとはとても許されない。脱原発のこの運動は終わることがない」と訴えた。

▲渕上氏

▲渕上太郎氏

 同じく被告とされている正清太一氏は、「あの経産省前のテントは原発をやめるためのものであって、原発をやめればいつでも引き上げると何回も言っている。国民全体がもう福島問題が解決しているかのように議論されていることが極めて不満だ」と話した。

▲正清さん

▲正清さん

 弁護団はすぐさま上告するとともに、仮執行(テント撤去)の執行停止を申し立てるという。最高裁で、原告である「国」から、自らが引き起こした原発事故についての言及はあるのだろうか。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入より御覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「【経産省前テント裁判・全面的控訴棄却】30秒で終わった判決、わずか2行の判決文、判決理由は不明 ———「原発の問題を理解していない」弁護団ら怒り」への1件のフィードバック

  1. あのねあのね より:

     国家千年の計を考えたときに、原発は絶対に有ってはならない施設だ。しかも事故を起こしていてそれが原因で多くの人が被害を受け、いまだに解決できないでいる。そういう事実があるのでテント村が出来たワケだが、国ばかりか裁判所は危機感が全く無い。これも全体主義的な“ナチスに倣った”安倍政権だからだと思う。一秒でも早く安倍政権と自民党政権は終わって欲しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です