研究集会「安全保障関連法案はなにが問題か―報告と応答」 2015.9.9

記事公開日:2015.9.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年9月9日(水)、早稲田大学で「研究集会『安全保障関連法案はなにが問題か―報告と応答』」が行われた。

■ハイライト

  • 第1部 安全保障関連法案はなにが問題か―研究の場と国会の場からの報告
    • 「砂川事件最高裁大法廷判決は集団的自衛権の根拠となるか」 笹田栄司氏(早稲田大学政治経済学術院教授)
    • 「安保法案の訳の分からなさについて」 長谷部恭男氏(早稲田大学法学学術院教授)
    • 「いま国会で何が起きているのか―安保法制論議の前線から」 辻元清美議員(民主党)
  • 第2部 安全保障関連法案はなにが問題か―会場と報告者で若干の質疑応答

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です