「盗聴の拡大」「司法取引」安保法制の影で刑訴法が衆議院通過――「弾圧法制 と戦争法制は双子の関係。自由・権利という外堀を埋めてから戦争はやってくる」 2015.8.6

記事公開日:2015.8.8取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・青木浩文)

※8月8日テキストを追加しました!

 「弾圧法制と戦争法制は双子の関係。自由のない国、そして戦争する国。自由・権利という外堀を埋めてから、戦争はやってくる」――。

 「刑事訴訟法改正案など刑事司法改革関連法案」が2015年8月5日、衆院法務委員会で採決され、7日の衆議院本会議で可決、参議院に送られた。

 同法案では、警察と検察に「取調べの録音や録画(可視化)」を義務付けているが、対象は刑事事件全体の3%に過ぎず、加えて、捜査機関の裁量によって、録音・録画から逃れることができるような曖昧な規定になっている。

 「通信傍受」では、対象犯罪が大幅に拡大されている。また、現行法では盗聴する際に通信業者の等の立会いを要求されており、盗聴が警察に乱用されることを防ぐ歯止めになっていたが、改正案では立会人は不要とする代わりに、捜査に関与していない警察官が立ち会うこととなった。

 さらに、他人の犯罪を証言すれば自分の罪を軽くできる「司法取引の導入」が盛り込まれており、「無実の他人を巻き込んで冤罪を起こしてしまう危険がある」として懸念の声が上がっている。

 これを受けて、市民約30名が6日の夜、議員会館前で抗議行動を行い、「可視化の三文字で誤魔化すな」、「司法取引導入反対」と刑訴法改正に反対の声を上げた。

■ハイライト

刑訴法改悪で「政府に『いやだ』と言う者を、盗聴して別件で捕まえ、微罪で葬り去るような世の中」に

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「盗聴の拡大」「司法取引」安保法制の影で刑訴法が衆議院通過――「弾圧法制 と戦争法制は双子の関係。自由・権利という外堀を埋めてから戦争はやってくる」」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    2015/08/06 自由の無い国→戦争する国へ 〜盗聴法改悪絶対反対!永田町アクション(動画) http://iwj.co.jp/wj/open/archives/256743 … @iwakamiyasumi
    火炎瓶テツさんと心ある仲間に感謝します。これは「自由」を望む真っ当な声だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/629772482166128640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です