日本学術会議 公開シンポジウム「IPCC(気候変動に関する政府間パネル)問題の検証と今後の科学の課題」 2010.4.30

記事公開日:2010.4.30取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年4月30日(金)、日本学術会議講堂で行われた、日本学術会議 公開シンポジウム「IPCC(気候変動に関する政府間パネル)問題の検証と今後の科学の課題」の模様です。

■ハイライト

    • 第一部 講演
    • 岩澤康裕(日本学術会議 第三部部長)
    • 中島映至(東京大学大気海洋研究所 教授)
    • 西岡秀三(国立環境研究所 特別客員研究員)
    • 草野完也(名古屋大学太陽地球環境研究所 教授)
    • 米本昌平(東京大学先端科学研究センター 特任教授)

    • 第二部 パネルディスカッション 「IPCC問題が問いかけるもの:科学的作業、情報・倫理、科学者の行動規範」
    • 司会:岩澤康裕(日本学術会議第三部 部長)
    • パネリスト:中島映至(東京大学 大気海洋研究所) 江守正多(国立環境研究所) 草野完也(名古屋大学 太陽地球環境研究所) 安成哲三(名古屋大学 地球水循環研究センター) 伊藤公紀(横浜国立大学 大学院工学研究院) 米本昌平(東京大学 先端科学研究センター) 横山広美(東京大学 大学院理学系研究科)
  • 日時 2010年4月30日(金)
  • 場所 日本学術会議(東京都港区)

※以下、講演内容の文字起こしです。

1.【開会の辞】岩澤康裕(日本学術会議 第三部 部長)
2.【講演】中島映至(東京大学 大気海洋研究所 教授)
3.【講演】西岡秀三(国立環境研究所 特別客員研究員)
4.【講演】草野完也(名古屋大学 太陽地球環境研究所 教授)
5.【講演】米本昌平(東京大学先端科学研究センター 特任教授)
6.【パネルディスカッション】

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です