上杉隆氏 ファイナルインタビュー「福島を忘れさせない、風化させないために。影響力が0でない人が福島へ行き、伝える必要がある」 2011.12.30

記事公開日:2011.12.30取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

※動画のご視聴はサポート会員限定となります。

 2011年12月30日(金)、「2011年12月31日で無期限活動休止宣言」をした上杉隆氏へ、岩上安身が「ファイナルインタビュー」を行った。

 ジャーナリストとして、12年のキャリアを重ねた上杉氏。99年の第一ステップから始まり、12年から第六ステップに入る「ロードマップ」は、東電の工程表に比べて遥か先を見越しているという。

 第一ステップ。記者クラブ制度を便利に利用していた鳩山邦夫議員秘書時代から一転、ニューヨークタイムスで働くようになってからは、記者クラブの特権性の弊害を実感したという。

 「日本は様々な外圧で変わるが、自分達の恥部を伝えないメディアだけは、外圧が効かない。ならば、トロイの木馬作戦」として民放全局のレギュラーを獲得。第二ステップ。内部から記者クラブ批判を行ったが、生放送で発言するも受け流され、出演するテレビ番組での肩書きの「近著」の中で、「ジャーナリズム崩壊」だけは紹介されなかった。第二ステップ、失敗。…続く

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です