「震災から3年目の再稼働を許さない」~さよなら原発!3.9 北九州集会 2014.3.9

記事公開日:2014.3.9取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「3.11」から3年目を目前に控えた2014年3月9日(日曜日)、全国各地の数十カ所で脱原発を訴えるデモや集会、シンポジウムが行われた。福岡県北九州市でも、三萩野公園にて「さよなら原発!3.9 北九州集会」が行われ、主催者発表で2500人が参加した。

 北九州市周辺では、九州電力の玄海原発(佐賀県)と四国電力の伊方原発(愛媛県)の安全審査(※)が行われている真っ最中であり、早ければ今年中にも再稼働が強行されてしまうのではないかとの懸念が高まっている。両原発とも北九州市からは約100kmの距離に位置しているが、もし、福島第一原発事故と同等の事故が起これば、甚大な健康被害と経済損失を免れることはできない。

(※)規制委員会は「あくまで新規制基準を満たしているかどうかの適合審査であり、安全かどうかを判断するものではない」としているが、安倍政権は「規制基準に適合すると認められた原発は再稼働を進める」と明言しており、大手メディアも「安全審査」と報道している。

 集会は、午前10時から、バンド演奏や大道芸などで幕を開けた。中でも、北九州市立大学のよさこいサークル「灯炎」は、圧巻の演舞をみせた。

 13時から行われた本集会では、代表世話人となっている地元の大学教授などが次々に登壇し、スピーチをおこなった。以下、発言の一部を抜粋したい。

記事目次

  • 棚次奎介氏 (北九州市立大学名誉教授)
  • 岡本良治氏(九州工業大学教授)
  • 中野洋一氏(九州国際大学教授)
  • 池上遊(弁護士、原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団)

■動画
・1/3(10:59~ 1時間55分)

※ 動画の続きは、会員登録してご覧ください。

  • 10:30~ オープニング バンド演奏など
  • 13:00~ 開会/黙祷/主催・呼びかけ人あいさつ/福島原発被災者からのメッセージ/集会宣言
  • 14:30~ デモ・パレード
  • 日時 2014年3月9日(日)10:30~
  • 場所 三萩野公園(北九州市小倉北区)
  • 主催 さよなら原発!北九州集会実行委員会
  • 告知 さよなら原発!3.9北九州集会

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です