【東京都知事選】田母神氏、落選も「政治活動続ける」 作家・百田尚樹氏の「人間のクズ」発言、「問題視するのは左翼特有のやり方」 2014.2.9

記事公開日:2014.2.9取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・平山茂樹)

 東京都知事選の投開票が行われた2月9日、自民・公明が支援した舛添要一氏の当確が報じられるなか、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が午後8時半過ぎに選挙事務所を訪れ、会見を行った。

 事務所には、田母神氏を支援した日本維新の会の中山成彬衆院議員をはじめ、評論家の三橋貴明氏など多くの支援者が集まり、田母神氏の労をねぎらった。一方、日本維新の会共同代表の石原慎太郎衆院議員は、体調不良を理由に姿を見せなかった。

 田母神氏は今回の選挙戦について、「ネットを通じ、若者への支持は広がったと思う」と総括。テレビやインターネット上で行われた公開討論会については、「私が勝っていた。政策はある程度伝えられたのでは」と振り返った。当選が决まった舛添氏に対しては、「とにかくオリンピックを成功させてほしい」とエールを送った。

■全編動画

  • 日時 2014年2月9日(日)20:00~
  • 場所 田母神としお事務所(東京都新宿区)

百田尚樹氏を擁護「『ごめんね』ですむ話」

 IWJは、2月3日に秋葉原で行われた田母神氏の街頭演説で、応援演説を行った作家でNHK経営委員の百田尚樹氏が、他の候補者を「人間のクズみたいな奴だ」呼んだことに対する田母神氏の受け止めを質問。

 田母神氏は、「選挙なんだから、そういうこともある。ちょっとぐらい言い過ぎても、『ああ、ごめんね』ですむ話ではないか。それをことさら問題視するのは、相手の自由な発言を封じようという、左翼特有のやり方だ」と語り、百田氏を擁護した。百田氏については、民主党が国会への招致を要求するなど、波紋が広がっていた。

 この日、田母神氏の事務所内では、インターネット番組「日本文化・チャンネル桜」が特別ブースを開設、特別番組を生放送した。会見後、田母神氏は同番組に出演し、「支持政党なし、支援団体なしという中で、ネットの皆さんのおかげで一定の票をとることができた」と、ネット上の支援者に向けて挨拶した。

 田母神氏の最終得票数は61万865票で第4位。1位の舛添氏には150万票余りの差をつけられる結果となった。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録

関連記事

「【東京都知事選】田母神氏、落選も「政治活動続ける」 作家・百田尚樹氏の「人間のクズ」発言、「問題視するのは左翼特有のやり方」」への2件のフィードバック

  1. erichan より:

    まともな人間だったら、「人間のクズ」なんて言って他の候補者を罵るようなことはしない。百田氏こそ、クズじゃないのか。それを、「問題視するのは左翼特有のやり方」と評するのは、それこそもっと「クズ」。しかし、こんな人が20代を中心に60万票を集めた現在の日本社会は、かなり病んでいるのかもしれない。思うようにならない自分の生活に対する不平・不満を、こうした極端な人間に傾倒することによってしか発散できないような、いわゆるネトウヨと呼ばれる若者がが多くなっていることに、ちょっと危機感を覚える。

  2. 脳天壊了 より:

    どうみても頭が悪いとしか思えないような話しぶり。
    この人に投票したという若い人がいたのでその理由を聞いたら、航空幕僚長という肩書がカッコいいからと言っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です