「国は、有事には国民を守るものと思っていたが、簡単に切り捨てていった」 ~これからの日本に大切なもの 講師 山本太郎議員 2013.11.30

記事公開日:2013.11.30取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富山/奥松)

 「金儲けや権力保持のために、法案は次々に決まっていく」──。

 2013年11月30日、奈良県河合町の河合町立文化会館まほろばホールで、講師に山本太郎参議院議員を招いて、講演会「これからの日本に大切なもの」が行われた。山本氏は自身が立候補するに至った経緯を語った上で、TPPや特定秘密保護法によって、国民の生活が脅かされていく危険性を訴えた。

■ハイライト

  • タイトル****
  • 日時 2013年11月30日(土)
  • 場所 河合町立文化会館まほろばホール(奈良県河合町)
  • 主催 河合九条の会

スポンサーによって支えられるマスメディアの問題点

 はじめに、16歳から芸能界で仕事をしてきた山本氏は、「芸能界、マスメディアのほとんどの活動が、スポンサーによって成り立っている」とし、「その中で芸能人は、社会的、政治的な発言をすることが難しい立場にいる」と実態を語った。また、口止め料という形で、東京電力だけで年間260億円もの広告費をメディアに渡していることを問題視した。さらに、原発事故による放射能汚染の実態が明らかにされず、放射能安全基準が引き上げられた経緯を解説した。

 その上で、山本氏自身が立候補に至るまでの当時の心境を語った。「芸能人は、スポンサーである企業に『ややこしい奴』だと思われないように配慮する。僕も、社会的発言を36歳までしてこなかった。しかし、原発事故が起こり、国もテレビも新聞も一体となって、放射性物質について『ただちに影響はない。安全である』と、真実を隠して堂々と嘘の発表を行った。それを聞いた時、背筋がゾクゾクとした。国は、有事には国民を守るものだと思っていたが、簡単に人々を切り捨てていった。自由であることを望んでいた自分にとって、政治は一番避けたい世界であったが、それらの出来事を見ていて我慢できなくなった」。

TPPは、多国籍企業による、多国籍企業のための条約である

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です