「権力者が本当に恐れているのは、文化的なパロディ」 ~基本的人権丸ごと削除!表現の自由剥奪!自民憲法改悪草案をぶった切る! 2013.5.23

記事公開日:2013.5.23取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富田/奥松)

特集 憲法改正

 2013年5月23日(木)19時30分から、東京都新宿区歌舞伎町にあるロフトプラスワンで、自民党の憲法改正草案をテーマにしたトークイベントが行われた。司会を務めた千葉麗子氏が「自民党は憲法改正と言っているが、これから登場するスピーカーたちは『改悪』なのではないかと考えている」と話し、イベントはスタートした。

■ハイライト

  • 出演
    マッド・アマノ氏(グラフィック・デザイナー)、梓澤和幸氏(弁護士)、深井剛志氏(弁護士)、五野井郁夫氏(国際政治学者、高千穂大学准教授)、高橋裕行氏(群馬県公立中学国語教諭)、竹内昌義氏(建築家、東北芸術工科大学教授)、千葉麗子氏(インテグラル・ヨーガ講師)、DELI氏(ヒップホップMC)、HIBIKILLA氏(レゲエミュージシャン)、山川健一氏(作家、東北芸術工科大学教授)
  • 日時 2013年5月23日(木) 19時30分~
  • 場所 ロフトプラスワン(東京都新宿区)
  • 主催 END THE LDP PROJECT(告知

 「憲法とはそもそも何か、との視点で、わかりやすく解説することが大切」。まずは深井剛志氏から、こんな発言があった。深井氏は自民党による憲法改正の動きに危機感を抱き、先ごろ、有志グループ「明日の自由を守る若手弁護士の会」を立ち上げ、一般市民向けの啓蒙活動を展開中である。発言は、その折の基本姿勢を語ったものだ。「今の憲法は、国民に対し『これを守りなさい』とは言っていない。国家権力が暴走しないように縛りをかけ、国民の権利を守っているのだ。が、自民党が発表した改憲案は、その前提が無視されており、改憲案の中には、国民に守らせることが列挙されている。そのことを広く伝えていきたい」。

 マッド・アマノ氏は、憲法で保障されている「表現の自由」を巡る、辛い体験談を披露した。「2004年に私は、自民党のポスターを茶化す作品を発表した。すると、私のもとに自民党から『通告書』が届いた」。アマノ氏は「自民党は、通告書を送ることに脅迫的効能があると考えていたのだろう」と振り返り、そうした脅迫には、特に恐怖を感じなかったが、これを機に仕事の依頼が激減したと明かした。「痛手だったのは、メディアが萎縮してしまったこと。『アマノを使うと、使った自分たちにも通告書が送られて来る』ということで、どこも私を使おうとしなくなった」。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です