2013/04/24 【IWJブログ:増加する副反応、深刻な被害者の実相。定期接種化で更なる被害拡大か~子宮頸がんワクチン問題】  

記事公開日:2013.4.22
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 子宮頸がんワクチン特集 2014東京都知事選

 「このままでは死んでしまうのではないか」―。4月8日に厚生労働省の記者会見室で行われた全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会(以下、連絡会)による記者会見で、被害者の重篤な症状を両親が打ち明けた。

 現在、子宮頸(けい)がんワクチン(以下、HPVワクチン)による副反応被害の報告が後を絶たない。

※副反応:ワクチン接種に伴う、免疫の付与以外の反応のことを指す。その他、疾病の治療薬の場合、投与目的以外の作用は副作用と呼ばれ区別されている。

※HPV:ヒトパピローマウイルスの略で、約100種類の「型」に分類されている。このうち、子宮頸がんの発生と密接に関係しているとされている「型」があり、日本で承認されているHPVワクチン2種(サーバリックス・ガーダシル)は16型・18型のHPV感染を予防できるとされているワクチンである。

■被害者家族が語るHPVワクチン被害の実相

 記者会見では、ワクチン被害者の家族3名から、それぞれの被害の現状が語られた。

 初めに、連絡会の代表を務める松藤美香さん(杉並区・被害中学生の母)が被害者の症状について語った。

 「娘は今年1月に通学復帰したが、2月下旬に再び計算障害が起こり、体調が下降、悪化をたどっている。薬は去年の8月以降治療薬等は全く飲んでおらず、現在も頭痛・体の痛みが全身に出ている。食欲もなくとても辛い状態。

 最近は「解離」というフリーズする状態が何度も起こり、夜間に病院に行った。病院では薬の出すことしか対処ができないとのこと。漢方薬を飲ませ、就寝させたが、体中が痛い状態は続いている」

 続いて、被害者保護者Aさん(福島県・被害高校生の父)から、医療機関の理解不足や深刻な被害状況が語られた。

 「被害者は高校2年16歳の娘。サーバリックスを3回接種。6月初旬に高熱・体の痛みがあり座ると立ち上がれない状態で病院に行った。初めのお医者さんは(症状を)軽視し、内診もせずに風邪薬を処方した。全身が痛くぐったりしている娘を目の前にして、そのような対応。親として娘を見てきた限り、サーバリックスを注射するまでは元気だった。

 2度めの接種をきっかけに、筋肉痛、肩こり、頭痛などが常に起こり、疲れやすく熱が出始めた。3度めの接種から、それら(症状)が強まり、加えて急に眠い、だるい、足がむくみ、手足・ひざ・足首などの関節が痛み出し、発熱も始まった。

 やがて全身の痛みがひどく、階段も降りれなくなり、歩くことも寝返りもできず、手首の力も全くなくなり、ペットボトルのふたすら開けられなくなり、40度近い熱も続いた。

 このままでは死んでしまうのではないかという思いで、急ぎ大学病院へ連れて行った。検査の結果、病名が『全身性エリテマトーデス』という難病と診断され、2ヶ月間入院した。それまでの娘は小学校~中学校まで病気一つせず、一度も学校を休むこともなかった。

 初めは私たち自身も症状を軽視していたが、娘はずっと痛みを我慢していたことが分かった。(診断された)難病は他に何か原因があるのかもしれないが、サーバリックスを打ってから具合が悪くなったことは事実。

 自治体、国を信じ、子宮頸がんを100%予防できると思って接種したのに、ワクチンの副作用がこんなにひどいものであることは分からなかった。親として情けない。一個人として娘の病気をただ治してほしいという一心で(会見に)来た」

 最後に報告した被害者保護者Bさん(山形県・被害中学生の父)は、ワクチンの副反応に関する情報提供の不備を批判するとともに、副反応によって精神的にも苦しめられている実情を語った。

 「娘は中学1年生。6月と8月にガーダシルを接種。副作用があるとは多少書いてあったが、報告されているような副作用の記載はなかった。11月から具合が悪くなり、最初は盲腸のような症状で腹痛から始まった。

 その後全身の関節痛、今日は左手、明日は右手という具合で転移し、車椅子でしか生活できない状態になった。3月に入り、多少回復したが、4月から再発して学校も休んでいる。大学病院や大きい病院を回った結果、脳神経がおかしいのではないかという診断をされた。その後、関節炎の症状しかないと診断された。

 子どもが歩けない状態が何年続くのか、(被害者本人も)落ち込み、自殺しかねない状態。なぜこんなワクチンを接種させるのか、こんな副作用が出るなら、どこの親も接種しなかったのではないか。この現状を分かってもらい、接種前に判断するようにしてもらいたい。これが一生続くかもしれないが、これからも闘っていきたい」

全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会による記者会見

動画本編は以下の記事からご覧になれます。
・2013/04/08 「なぜこんなワクチンを接種させるのか」接種中止を求める訴え~全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会による記者会見

■HPVワクチン被害の実態

 日本ではHPVワクチンとして、サーバリックス、ガーダシルのワクチン2種が承認されている。サーバリックスは2009年、ガーダシルが2011年に承認されたが、接種後の副反応やワクチンの有効性について疑問を呼ぶ声も存在しており、現状の掌握が十分でない状況だ。

 3月11日に厚生労働省へ報告されたHPVワクチンによる国内での副反応の報告件数は、サーバリックスが接種回数約684万回(推定273万人)のうち1681件、ガーダシルが接種回数約145万回(推定69万人)のうち245件である。サーバリックスにおいては1名の死亡例も報告されている。

 被害の症状は、失神・激しい頭痛・発熱・全身の痛み・けいれん・呼吸困難・吐き気・記憶障害・計算障害・歩行障害から難病に至るまで、あらゆる症状が報告されているという。HPVワクチンの十分な抗体ができるには3回の接種が必要であると言われているが、被害者の証言では、接種をする度に症状が悪化していると見られる。

■予防接種法改正による定期接種化の導入

 連絡会では以前からHPVワクチンに疑問を持っていた議員を中心に賛同人を集めている。地方議員の賛同を集める理由としては、4月1日に予防接種法が改正されたことにより、同法8条においてHPVワクチンの実施体制・勧奨については権限が国から地方自治体に移っていることを受け、不十分な情報提供を改善し、どういった勧奨を行うのかも含め、行政と地方議員が連携・協力していくことが必要であるということが挙げられる。

 また、同法の改正では、ワクチン接種がこれまでの任意接種から定期接種となり、小学校6年生から高校1年生の女子が対象と定められた。

■IWJが厚労省に独自取材を実施

 こうしたHPVワクチンによる被害報告が相次いでいることについて、IWJは4月17日、厚労省に電話取材を行った。厚労省としての見解は、今後も約4ヶ月毎に検討会を開催し「ワクチン接種における注意喚起や中止も検討」する予定であるとした。

 しかし、前回3月11日の第3回検討会では「接種の中止は専門家判断であり、必要ないと言われている」ことから、その見解は変わっていないという。「被害報告は個別に随時受けている」が、「副反応がワクチン接種によるものであるという因果関係を個別に認めているわけではない」とし、「相対的に見て判断していく」などとまとめた。

 また、HPVワクチンは副反応の報告が目立ち、懸念があるということに対する厚労省の見解として、「注射針を刺すことが影響している可能性がある。中止するほどの重大な懸念はない」と3月30日付の朝日新聞が報じていることについて質問すると、「記事を見ていないし、(厚労省の)どなたがそのような発言をしたかも分からない」と回答するにとどまった。

 今年度からのHPVワクチン定期接種化により、さらなる被害拡大が懸念される。また、ワクチン接種の是非についても賛否が別れており、副反応の研究、データの集積も十分な体制が組まれているとは言いがたい。

 子宮頸がんワクチンの問題は、これ以前にも指摘され続けてきた。しかし、被害の当事者が自らの症状を表立って語ることは非常に難しく、センシティブな問題なのである。8日の連絡会の記者会見においても、その被害のあり様は家族から語られた。

 私は2年前の2011年に被害の当事者に取材させてもらい、本人から手記もいただくことができた。被害当事者が実体験に基づいてワクチンに関する思いや問題点を語る、非常に貴重な内容の手記をメルマガにて掲載予定である。ぜひ、ご一読いただきたい。

 IWJは今後も子宮頸がんワクチンの問題を追っていきます。インタビューなどの追加取材も予定しておりますので、ぜひご注目ください。

(取材:安斎さや香、文責:岩上安身)


IWJは市民の皆さんに直接支えられているメディアです。
ぜひ、会員になってIWJの活動を支えてください。
【会員登録 https://www.siwj.jp/cd/user/Regist/agree

寄付・カンパもよろしくお願いします。
【カンパのお願い http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html


■関連記事
・2013/04/08 「なぜこんなワクチンを接種させるのか」接種中止を求める訴え~全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会による記者会見

・2013/04/08 副作用のあるワクチン、見解示さず~子宮頸がん検診施策評価委員による記者会見

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


2件のコメント “2013/04/24 【IWJブログ:増加する副反応、深刻な被害者の実相。定期接種化で更なる被害拡大か~子宮頸がんワクチン問題】

  1. 製薬会社、厚生労働省が使用する「副反応」という言葉に違和感
    当事者の責任意識が感じられない。
    「副作用」ではないか

  2.  各種ワクチンによる副作用は報告されて、厚生労働省が認めたものは発表されているが、医師の診断段階でワクチンの副作用として認められず、各種の疾病として処理されているものが数知れずあるのではないか。天然痘のワクチンだけでも何万人が死んだとインターネットのサイトには書かれている。
     ワクチンの防腐剤のエチル水銀は水俣病を引き起こしたメチル水銀の近しい親類であり、直接的にはギランバレー症候群を引き起こすと言われている。また、川崎病の各種症状は水銀中毒の症状とまったく重なっており、川崎病がワクチン病である確率は限りなく100%に近い。その上アメリカではワクチン接種の直後に川崎病を発病した患者が報告されている。
     自閉症、若年性糖尿病、白血病、ぜん息、関節炎と関節痛、頭痛、学習障害、発達障害、各種精神障害等数多くの疾病が水銀を原因として発生する。自閉症についてもワクチン接種の直後に発病した患者がアメリカで報告されている。子供たちの毛髪の中には信じられない位の水銀が含まれている。(精神関係の病気はワクチン由来の脳の炎症(アレルギー性と水銀中毒)が原因ではないかと疑われている。この場合、植物、食物や医薬品に対するアレルギーが発生しないように注意深く生活する必要がある。)
     その上ワクチンには訳の分らないアルミや化学薬品(ゴキブリの殺虫剤など)が入っているが、それらが無害である可能性は限りなく0である。
     ワクチンは免疫力を上げない。各種伝染病はワクチンの前に公衆衛生の向上、上水道の完備、食生活の向上、などでほとんど患者を死亡させない。水銀、アルミ、ホウ酸などの害の方が大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です