改憲論者・鈴木邦男氏が警鐘「安倍政権が改憲するなら現行憲法のほうがマシ」―「右傾化する日本」を新右翼としてどう見るか──改憲、愛国心強制、排外主義を乗り越えて 2013.4.15

記事公開日:2013.4.15地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

特集 憲法改正

 「個人の自由や権利が束縛され、自民党が支配しやすい国家になる」。

 右翼団体・一水会顧問の鈴木邦男氏は、2013年4月15日(月)、「『右傾化する日本』を新右翼としてどう見るか ──改憲、愛国心強制、排外主義を乗り越えて」と題した講演会でこのように述べ、「アメリカに追随する憲法になるより、今の方がいい」とし、改憲論者でありながらも、現在の安倍政権による改憲は危険であると警鐘を鳴らした。

■ハイライト

  • 講師 鈴木邦男氏(新右翼団体「一水会」顧問)
  • 日時 2013年4月15日(月)
  • 主催 連合通信社

 鈴木氏は、講演会で、一水会立ち上げのきっかけについて言及した。

 三島事件で、三島由紀夫氏とともに自決した森田必勝氏は、鈴木氏の大学の後輩である。鈴木氏らが大学の右翼グループに勧誘したことで、森田氏は右翼の道を歩むこととなり、結果、三島事件での自決に至ったという。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です