「読売記事は官邸の関与あった」「NHKはいまだに私のインタビューを報じていない」〜前川喜平・元文科事務次官が再び会見!「権力と報道」の危険な関係に危機感示すも記者クラブの記者らは完全スルー! 2017.6.23

記事公開日:2017.6.24取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文・原佑介)

 加計学園の獣医学部新設について、総理官邸の圧力が働いていたと告発した元文科省の事務次官・前川喜平氏が2017年6月23日、日本記者クラブで再び会見を開いた。

 5月25日の最初の記者会見では、加計学園の獣医学部開設が「総理のご意向」だとする文科省の文書について、「文書は確実に存在していた」と証言。当時の事務方トップの証言は重く、この会見を機に国民の不満は一気に高まった。

■ハイライト

  • 会見者 前川喜平氏(前文部科学省事務次官)
  • タイトル 前川喜平前文科事務次官 記者会見
  • 日時 2017年6月23日(金)16:45〜18:15
  • 場所 日本記者クラブ(東京都千代田区
  • 主催 日本記者クラブ詳細

 安倍政権は強い批判をかわしきれず、支持率は急落。国会を無理やり閉会し、閉会中審査にも応じない姿勢を示す中で、再び前川氏が公の場で口を開いたことの意味は大きい。

▲記者会見する前川喜平・元文科省事務次官

 「事実が隠蔽されたままでは、民主主義の危機だと感じた」――前川氏は再び会見を開いた理由をこう説明した。

 そのうえで、文科省から出てきた、官邸の関与を示す一連の文書について、「ほぼ100%記載の内容は間違いない」と改めて断言。文科省が再調査し、様々な文書を明らかにしていく中で、「内閣府や総理官邸は様々な理由をつけ、事実を認めようとしない。真相の解明から逃げようとしている」と批判した。

 この日の会見で前川氏は、もう一点、「国家権力とメディアの関係」にも言及した。集まった記者に対し、「私への個人攻撃と思われる記事が5月22日の読売新聞に掲載された。背後に何があったかはメディア関係者が検証すべきだ」と投げかけたうえで、「個人的には官邸の関与があったと考えている」と断じた。

▲前川氏の注目度は高く、記者会見場は記者で満員となった

 また、NHKについても、「私に最初にインタビューしたのはNHKだが、いまだに報じられていない。当初、NHKが文書を報じた際に、『官邸の最高レベル』という核心の部分は黒塗りにされていた。これはなぜか」と疑問を呈し、次のように続けた。

 「テレビ出演するコメンテーターの中には、どのような状況証拠が出てきても、官邸の擁護しかしない者がいる。私は国家権力とメディアの関係に、非常に不安を覚える。国家権力と『第四の権力』といわれるメディアの関係を問い直さなければいけない。メディアの自浄作用に期待したい」

 報道に対する前川氏の危機感が杞憂でないことは、この日の会見でも明らかになった。

 ところが、これだけメディア批判を展開している前川氏に対し、この日の会見でメディアに関する質問をした記者は驚くなかれ、皆無だった。読売やNHKなどが自社にとって都合が悪い質問をすることがないのは、これはまだわかるが、同業他社も決して攻め込まない。権力との癒着に関しては、程度の差こそあれ、どの社もスネに傷を持つ。記者クラブメディア同士、かばいあいとなっている構図が逆に浮きぼりとなった。

 また、この日、テレビ局はこの日お亡くなりになった、フリーアナウンサーの小林麻央さんの訃報を昼から夕方にかけ、繰り返し報じ、前川氏の会見を生中継で十分に伝えた局は一社もなかった。

 IWJ代表・岩上安身は次のようにツイッターで指摘している。

 「会見を開いた目的は、文書の内容の信憑性と、課長補佐をかばうこと、そして権力とメディアの癒着。読売とNHK批判。冒頭、発言しても、2点目は誰も質問せず、掘り下げず。権力と大メディアの癒着は完全タブー。読売とNHKは沈黙、産経は何人もの記者が安部政権べったりの質問」

 ※岩上安身ツイート

 この日の会見は、IWJが生中継し、常時3000人を超える視聴者が集まり(トータルでははるかに多くなる)、IWJのサーバーがダウンしかけた。オブザーバーとして会見に参加した岩上安身に質問権は与えられなかったが、会見の模様をすべて実況している。岩上安身による実況は加筆のうえ、【岩上安身のツイ録】にまとめているので、前川氏による記者会見の詳しい内容はぜひ同記事で確認してほしい。

 「権力とメディア」の問題については、IWJが「権力とメディアの腐敗」と題し、シリーズで報じていますので、併せてご覧ください。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です