やはり「怪文書」ではなかった!「総理のご意向」「官邸の最高レベル」――加計学園をめぐる内閣府から文科省への「圧力文書」はやはり存在!文科省が再調査の結果を発表 2017.6.15

記事公開日:2017.6.15取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 文部科学省の追加調査についての配布資料を、会員ページに掲載しました!

 「存在が確認できた」とされた文書は、「官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向」などと書かれた文書をはじめ、「平成28年9月26日」「(内閣府)藤原審議官」などと具体的な作成記録が書かれた文書、文科省の示した獣医学部の設置条件に内閣府が加計学園だけが該当するよう修正を加えた文書など、明らかに加計学園が特別扱いをされていることを示す文書ばかりであった。

 くだんの「官邸の最高レベルが言っている」「最短のスケジュールで」などの文言に始まり、有無を言わさず獣医学部開設に同意をさせるよう迫っていること、それをとにかく早く進めるよう急かせていることが、あらためて生々しく伝わってくる。

 また国家戦略特区諮問会議の獣医学部の設置についての文書に、手書きの修正が入り、加計学園グループの参入に都合よく書き換えられた疑いが一層濃くなることもわかる。

 一見些細な修正部分が、いかに問題なのかは、5月30日に行なった小池晃氏のインタビューとあわせてご覧いただくと、よりよくおわかりになって頂けることと思う。

■ハイライト

  • 日時 2017年6月15日(木)13:30~
  • 場所 文科省(東京都千代田区)

 そして今回新たに出てきた文書には、藤原審議官が、官邸の萩生田副長官から指示されたことを示唆する一文がある。(※)

(※)文部科学省追加調査 配布資料 <その3> 1ページ目 (会員限定)

 これに関しては岩上安身も「責任を押し付けるな!」とツィートしている。

 なお今回は、本日新たに出てきたメール文書を含む、文科省の追加調査についての配布資料を会員限定で公開する。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です