憲法記念春のつどい2017「武器輸出と日本企業」(京都市)―講師 望月衣塑子氏(東京新聞記者)ほか 2017.5.27

記事公開日:2017.6.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年5月27日(土)、京都市上京区の同志社大学今出川キャンパスにて、京都憲法会議、自由法曹団京都支部、憲法を守る婦人の会の主催による「憲法記念春のつどい2017『武器輸出と日本企業』」と題する講演会が開催され、東京新聞社会部記者の望月衣塑子氏が講師として登壇した。

 また、憲法学研究者による憲法をめぐる情勢報告、大河原壽貴氏弁護士による共謀罪についての緊急報告が行われた。

■ハイライト

  • 講演 望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者)「武器輸出と日本企業」
  • 憲法をめぐる情勢報告 憲法学研究者から
  • 共謀罪について緊急報告 大河原壽貴氏(弁護士)
  • タイトル 憲法記念春のつどい2017「武器輸出と日本企業」(京都市)―講師 望月衣塑子氏(東京新聞記者)ほか
  • 日時 2017年5月27日(土)14:00〜
  • 場所 同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)
  • 主催 京都憲法会議自由法曹団京都支部/憲法を守る婦人の会(詳細、PDF)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です