政治経済学者・植草一秀氏「戦争と世界統一市場を推進するのが資本主義。それに対する最大の敵対者は民主主義」 ―オールジャパン平和と共生 院内緊急学習会 2017.5.17

記事公開日:2017.5.20取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年5月17日(水)18時より東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、「共謀罪・安倍暴政を許さない!主権者が日本を取り戻す!」オールジャパン平和と共生 院内緊急学習会が行われた。基本報告を植草一秀氏が、元農水大臣 山田正彦氏は主要農作物種子法廃止について、弁護士の佐久間敬子氏が共謀罪の問題点について、話した。

■ハイライト

  • 基本報告 植草一秀氏
  • 主要農作物種子法廃止について 山田正彦氏(元農水大臣)
  • 共謀罪の問題点について 佐久間敬子氏(弁護士)
  • 日時 2017年5月17日(水) 18:00~
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“政治経済学者・植草一秀氏「戦争と世界統一市場を推進するのが資本主義。それに対する最大の敵対者は民主主義」 ―オールジャパン平和と共生 院内緊急学習会” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「共謀罪・安倍暴政を許さない!主権者が日本を取り戻す!」―オールジャパン平和と共生 院内緊急学習会 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/378657 … @iwakamiyasumi
    共謀罪の問題点はもちろんのこと、山田正彦氏が語る種子法廃止についても聞き逃せません。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/866046643149316096

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です