後藤政志・守田敏也緊急講演会 東芝・ウェスチングハウスはなぜ崩壊したのか?トルコへの原発輸出 ―三菱重工・アレバはどうなるのか? 2017.4.23

記事公開日:2017.4.24取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月23日(日)18時半より、ひと・まち交流館京都(京都市下京区)で講演会「東芝・ウェスチングハウスはなぜ崩壊したのか?トルコへの原発輸出―三菱重工・アレバはどうなるのか?」が開かれ、元東芝技術者の後藤政志氏とフリーライターの守田敏也氏が講演を行った。

■ハイライト

  • 講演 後藤政志氏(工学博士、APAST理事長、元東芝・原発格納容器設計技術者)「原発事象リスクを認識できなかった東芝の経営破たん〜崩壊する世界の原子力産業と福島原発事故〜」
  • 講演 守田敏也氏(フリーライター)
  • タイトル 後藤政志・守田敏也緊急講演会 東芝・ウェスチングハウスはなぜ崩壊したのか?トルコへの原発輸出 ―三菱重工・アレバはどうなるのか?
  • 日時 2017年4月23日(日)18:30〜
  • 場所 ひと・まち交流館京都(京都市下京区)
  • 主催 市民環境研究所/共催 ウチら困ってんねん@京都詳細、Facebook)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です