緊迫する中東・朝鮮半島情勢!国会では厚労委で「介護保険法改正案」を強行採決!足元に押し寄せる「貧困の波」――岩上安身による『下流老人』著者・藤田孝典氏インタビュー第2弾! 2017.4.13

記事公開日:2017.4.14取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※会員の方は全編動画を、一ヶ月間はご覧いただけます。サポート会員になると常時、アーカイブ記事すべてをご覧いただけます。
ぜひ会員登録してご覧ください。⇒こちらから

※4月14日の実況ツイートを並べて掲載します。

 2017年4月13日(木)、東京都港区のIWJ事務所にて、半年で20万部のベストセラーとなった『下流老人』著者の藤田孝典氏に岩上安身がインタビューを行った。1月26日のインタビュー「拡大する日本社会の『貧困』の実態と予防策」に続く第2弾。

■イントロ

  • 日時 2017年4月13日(木) 17:00~
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

岩上安身「大変な緊張が東アジアで高まりつつあるが、今日は改めて私たちの足元の問題について。新刊『貧困クライシス』を出されたばかりの藤田孝典さんにお話をお聞きします」

藤田孝典氏「貧困は個人の問題、自己責任の問題ではなく、社会構造の問題。しっかり社会がサポートしなければいけない」

岩上「先日、今村雅弘復興相は自主避難について『自己責任』と暴言」

岩上「世界は今、とんでもない状況に。トランプ政権がシリアにミサイル攻撃を実施した。安保理承認も議会決議も経ていない。さらに北朝鮮に対しても空母を出航。海自も共同訓練を検討中と。

 そんななか、国会では依然として『安倍一強』状態。森友問題でも知らぬ存ぜぬが続く状態。厚労委員会で民進党が森友問題を質問しようとすると、『介護保険法改正案』の採決が強行しました。

 前回のインタビューのおさらいです」

藤田氏「日本では『貧困』の実態が見えにくい。昔は悠々自適と言われていた高齢者の家庭に余裕がなくなってきている。二極化が激しい。

 貧困というのは『お金がない』という状態だけではない。『頼れる人がいない』というのも貧困の要因の一つ。誰しも無関係ではない」

 

岩上「高級取りのエリートサラリーマンでも、リタイア後に病気や事故で貧困になる可能性もあると。先ほど『貧困を発見するところから近代は始まった』と

藤田氏「資本主義は必ず貧困を生み出す。貧困に陥った人に社会が支援をするという合意形成ができたのが『近代』ではないか。

 問題なのは基礎年金を切り崩すということ。今のまま全体を押し下げると、国民年金で暮らす人たちの生活が成り立たなくなる」

岩上「私ももうすぐ高齢者だが、毎日本当に過重労働でストレスフル。最近は自律神経が失調気味です」

藤田氏「実は私も難病当事者で、安倍総理と同じ潰瘍性大腸炎を患っている。一番相談が多いのが長時間労働による鬱病。当事者になって初めて貧困対策の必要性を実感する方が多い。

 小泉さんが『聖域なき構造改革』と言い、介護や福祉が市場化の流れに巻き込まれていくように」

岩上「相模原の障害者施設で事件が起きた時、安倍総理は何も言わなかった」

岩上「3月1日に『貧困クライシス』という新刊が出たのですね」

藤田氏「全世代に貧困が広がりつつある危機的な状況を説明。危機状況打開のため、現状の理解が必要と思い出版」

藤田氏「そもそも社会福祉・社会保障が重要な根拠は憲法25条。国は国民に『健康で文化的な最低限度の生活を営む権利』を保障しなければならない。現在の状況は憲政上の危機では」

岩上「国会では憲法審査会が開かれているが、報道は本当に少ない。今日、民進党の細野豪志議員が代表代行を辞任。細野議員は改憲私案で緊急事態条項創設を明記している。ですから私は辞任を『朗報』とツイートした」

藤田氏「『家族で助け合ってください』というのは社会保障が弱い国の考え方。家庭がちゃんと機能しなくても教育や職業訓練が行われるようにしないと、貧困はずっと続いていく」

岩上「最近のメディアは水商売や性風俗をきらびやかで高収入な職業だと報じがち。リスクをきちんと取り上げないといけないのでは」

藤田氏「リスクを報じるのは大切なこと」

藤田氏「日本のジェンダーギャップ指数は本当に低くて、これでは先進国ととても言えない。社会参加や政治参加など、日本で女性として生まれた以上は差別を受けざるを得ない状況」

岩上「ネトウヨの中には女性もいる。しかし大日本帝国憲法は女性差別の上に成り立っていて、女性には財産権も認められていなかった。そういうことを本当に知っているのか?と言いたい」

藤田氏「現代社会は離婚のリスクも大きい。離婚すると、子育てをするのは女性ということに。そうなると母子家庭は貧困に陥ってしまう。シングルマザーの貧困率は50%を超える状況。

 何の保障もない中で、児童扶養手当だけでシングルマザーが生活しているのはおかしい。貧困家庭の子どもは教育や職業訓練を受けられないままになってしまう。

 ワーキングプアの人が生活保護受給者を叩いたり、シングルマザーの方同士がバッシングしあったりする状況。外国人差別も同じ状況。共同体や人間としてのあり方が問われている」

岩上「誰もがどこかで貧困に」

藤田氏「若者について言えば、年金はこれからさらに下がる。『老後にこれだけの年金じゃくらせないよ』という人はこれからもたくさん出てくるはず。

 安保関連で憲法9条の問題も重要だが、25条も大切。この社会を安定させるためにも、労働運動にも注目してほしい。9条は足元にある暮らしの平和を作り出すためのツール」

岩上「現状の9条でも専守防衛は可能。それを解釈改憲で乗り越えたのが集団的自衛権行使容認」

藤田氏「社会福祉の根本理念は『すべての人は尊い』ということ」

岩上「『教育勅語の何が悪い』と言う人がいるが、『皇運を扶翼し』と書いてある。『すべての人が尊い』のではなく『皇室だけが尊い』ということ。教育勅語は『道徳』を偽装したドグマでありイデオロギーに過ぎない。

 今は、最も護憲的な立場を取っているのが天皇陛下であるという逆説的な状況。今は首相官邸に権力が集中し、かつての大本営のような状況。今井秘書官はまるで辻政信のようだ。東芝が潰れても今井さんは腹を切らない」

 以上で「岩上安身による藤田孝典氏インタビュー第2弾」の実況を終了します。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です