民間企業が入ればもっと多様になる!? 民間企業は利益がでるものしか作らないだろう!日本の食は守られるのか―種子法廃止について、農水省、生産者、消費者が意見交換! 2017.4.10

記事公開日:2017.4.15取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 TPP問題

 2017年4月10日(月)、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、全国有機農業推進協議会、日本の種子(たね)を守る有志の会の主催による「第2回『日本の種子(たね)を守る会』講演会と農水省、生産者、消費者による意見交換会」が開催された。

 講演会には「種子をめぐる国際条約と日本の農民と消費者の権利」と題し、 龍谷大学経済学部教授の西川芳昭氏が登壇した。

■ハイライト

※全編動画の、約1分30秒地点から、約14分40秒地点まで映像が荒くなっております。申し訳ございませんが、なにとぞご了承下さい。

  • 講演「種子をめぐる国際条約と日本の農民と消費者の権利」 西川芳昭氏(龍谷大学経済学部教授)
  • 農林水産省からの説明/生産現場の声/意見交換会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です