【全文掲載】「言論の自由」の侵害!? 東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が「ニュース女子」問題でトンデモ論を展開!公共の電波で「デマを流す自由」などない!(第11弾) 2017.2.7

記事公開日:2017.2.7 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:原佑介 文責:岩上安身)

 「私を処分するというのは言論の自由の侵害だ」

 東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が2017年2月6日、ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」に生出演した。長谷川氏は事前に自身のツイッターで「『ニュース女子と東京新聞問題』について初めて語ります」と宣言し、注目を集めたが、長谷川氏は「論点ずらし」に終始し、「言論の自由」を盾に自身の責任を棚上げするばかりだった。

記事目次

  • 「重く受け止め、対処します」東京新聞の見解に長谷川氏が「表現の自由」を盾に猛反発!
  • 【書き起こし】「これをみた時はびっくりした。『言論の自由』に対する侵害だ」!?
  • 問題は報道内容が事実にもとづいているか否か!事実でなければ名誉毀損が成り立つ!「事実か否か」を棚上げして「見解の相違」に問題をすり替える長谷川氏のトンデモ論!
  • 東京新聞内の「言論の自由」を体現してきたのは他ならぬ長谷川氏自身!
  • ヘイトやデマを公共の電波で流す自由などない!東京新聞は厳格な対応を!

「重く受け止め、対処します」東京新聞の見解に長谷川氏が「表現の自由」を盾に猛反発!

 いま問題となっているのは、長谷川氏が司会を務めるTOKYO MXの報道バラエティ番組「ニュース女子」の1月2日の放送回である。沖縄平和運動に関するデマやヘイトを垂れ流したことに批判が殺到した。東京新聞は放送1ヶ月後の2月2日の紙面で、「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものではありません」という記事を掲載し、長谷川氏の出演について「重く受け止め、対処します」と記した。

 その「対処」の中身とはどのようなものか、IWJは、謝罪記事を執筆した東京新聞論説主幹の深田実氏に直接取材したが、明確な回答は得られなかった。

IMG_5557

 東京新聞が「おわび」したものの、当の長谷川氏本人はこれまでかたくなに沈黙を貫き、IWJの質問を含めて、各メディアの取材にも一切、応じることがなかった。IWJの公開質問状は以下の通り。

 それだけに、6日放送のニッポン放送ではついに沈黙を破り、長谷川氏本人の口から「ニュース女子」が流したデマやヘイトについて釈明がなされると期待された。

 しかし、長谷川氏は釈明するどころか、「ニュース女子」の捏造内容については完全に棚上げし、自身の責任に言及することもなく、「『ニュース女子』と東京新聞の論評が違うことを理由に、私に対して処分するというのは『言論の自由』の侵害だ」と声を荒げ、「逆ギレ」したのだ。

 以下、長谷川氏の発言書き起こしを掲載する。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事


“【全文掲載】「言論の自由」の侵害!? 東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が「ニュース女子」問題でトンデモ論を展開!公共の電波で「デマを流す自由」などない!(第11弾)” への 1 件のフィードバック

  1. たぬき より:

    事実と真実は違う。
    事実は見た人の角度で違うものだ。

コメントは受け付けていません。