原発ゼロ社会への道 第3回脱原発兵庫フォーラム「まず、もんじゅ廃炉からとりかかろう!」 ―講師 伴英幸氏、大竹進氏ほか 2016.11.6

記事公開日:2016.11.7取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年11月6日(日)13時半より、あすてっぷKOBE(神戸市中央区)で「原発ゼロ社会への道 第3回脱原発兵庫フォーラム『まず、もんじゅ廃炉からとりかかろう!』」が開かれた。

 原子力資料情報室共同代表で原子力市民委員会委員の伴英幸氏、なくそう原発・核燃、あおもりネットワークで共同代表を務める大竹進氏、同じく青森の遠藤順子氏(進め!ドクター大竹の会)が核燃料サイクルの現状と廃止への課題について講演を行った。

■全編動画1/2

0分〜 開会・高橋氏挨拶/10分〜 伴氏講演/1時間12分〜 大竹氏講演/2時間0分〜 遠藤氏講演/2時間22分〜 質疑応答/2時間42分〜 アピール 松下氏

■全編動画2/2

  • 開会挨拶 高橋秀典氏(主催実行委員会)
  • 講演
    • 伴英幸氏(原子力資料情報室共同代表、原子力市民委員会委員)「もんじゅは廃炉にするしかない」
    • 大竹進氏(なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク共同代表)「青森から核燃料サイクルを止める」
    • 遠藤順子氏(進め!ドクター大竹の会)「六ヶ所再処理とトリチウム」
  • アピール 松下照幸氏(福井県美浜町、森と暮らすどんぐり倶楽部代表)「美浜から廃炉の時代を切り開く」
  • タイトル 原発ゼロ社会への道 ―第3回脱原発兵庫フォーラム
  • 日時 2016年11月6日(日)13:30〜17:00
  • 場所 あすてっぷKOBE(兵庫県神戸市中央区)
  • 主催 兵庫フォーラム実行委員会
  • 告知 さよなら原発 神戸アクション サイト

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です