高江で座り込みを続ける87歳の「文子おばあ」こと島袋文子さんら市民から「暴行を受けた」と被害届を出した「日本のこころ」和田政宗議員とその同行者たち!! 2016.10.20

記事公開日:2016.10.18地域: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:佐々木隼也 記事構成:岩上安身)

 たとえ「自称」であっても、日本の「保守」はここまで墜ちてしまったのだろうか。2016年5月、ある国会議員らが沖縄・辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で、基地反対派の市民から「暴力行為を受けた」として被害届を出した。

 被害を訴えたのは、まがりなりにも「保守政党」を自称する、「日本のこころを大切にする党」参議院議員の和田政宗氏とその同行者たちである。訴えられたのはなんと、車イスで歩くのもままならない87歳のおばあちゃん、島袋文子さん(通称「文子おばあ」)を含む複数の市民である。

▲山本太郎議員事務所HPより転載
山本太郎議員事務所HPより転載

 現在、島袋文子さんには沖縄県名護署から出頭要請が出ており、10月21日にも名護署に出頭するという。当日は、市民による大規模な抗議集会が予定されている。

国会でネット上で…基地反対派市民を「不法占拠」「暴行された」とふれまわる和田議員

 どこの世界に、87歳のおばあちゃんに対して暴行の被害届を出す人間がいるだろうか。恥ずかしくないのか。

 和田議員は2016年5月11日、わざわざ国会の参議院「地方・消費者に関わる特別委員会」でこの件を取り上げ、「道路用地を不法占拠している人たち」に「暴行された」「すべて映像が残っている」と主張。6月にはツィッターを通して同様の主張を繰り返した。

161018_339597_02

161018_339597_03

▲国会で質問する和田政宗議員
▲国会で質問する和田政宗議員

 和田議員が「映像に残っている」と語るのは、「チャンネル桜 沖縄支局」がYouTubeにアップしている動画だ。彼らが和田議員に同行して撮影したこの映像には、確かに島袋文子さんの姿が映っている。

 しかし動画の隅々を見ても、文子さんが「暴力」を振るっている姿は確認できない。「平手で殴打」というテロップが表示されているが、映っているのは、ビデオ撮影者が、嫌がる文子さんに対して執拗に撮影を迫り、それに対して文子さんが「何を撮っているんだ!」と手でカメラを振り払っている姿である。

チャンネル桜がアップした動画(文子おばあのシーンは開始45分から)】

現場にいた大城敬人・名護市議「和田議員らのでっち上げだ」・・・「証拠動画」には文子さんの「暴力行為」見当たらず

 現場にいて目撃した大城敬人(おおしろよしたみ)名護市議は、IWJの取材に「あれはまったくのでっち上げだ」と憤る。

 「和田議員らは現場で挑発行為を繰り返し、反対している人に対して反撃をさせる意図のもとにやっています。あの日も、抗議行動の真っ最中にテントの真向かいに来て、スピーカーを使って妨害行為を始めた。しかしまたマイクを握って『違法行為だ』と言い出し、和田議員が国会議員だから機動隊も彼らをカバーした。

 それに抗議したら、彼らは『暴力だ』と言った。あの映像に『暴力行為』は何一つ映っていない。あれは捏造。世間的に恥ずかしいことです。87歳のおばあちゃんが暴力を振るうわけがないじゃないですか。我々は20年間、非暴力できてますから。だから挑発して暴力を引き出し、でっちあげようという浅はかな意図があった。しかしそれが上手くいかなかったから、捏造して、テント村があたかも暴力をふるうように見せたいのです。

 彼らは捏造します。彼らは私についても『大城は右でも左でもない、私たちの友達だ』という捏造を流布しているくらいですから」

文子さんに対する機動隊の度重なる「暴力」は裁かれず

 警察は、和田議員らの訴えには迅速に動く一方で、島袋文子さんへの度重なる「暴力」に対しては、一切動こうとしない。

 辺野古の基地反対の先頭に立つ島袋文子さんは、これまで何度も機動隊からの暴力にさらされている。

 2014年11月には、工事用トラックの進入を止めようとする市民と、それを制止しようとする機動隊がもみ合いになった際、文子さんは倒れて道路に頭を打ち、救急車で病院に運ばれた。

 今年の参院選後の8月には、高江周辺で、安倍政権の米軍ヘリパッド建設強行の意を受けた機動隊によって、右手小指を5針も縫う怪我を負わされている。

「火炎放射器で全身大やけど」「死んだ人の血の泥水を飲んで」…文子さんの壮絶な戦争体験と「非暴力」の覚悟

 度重なる文子さんへの暴力にも、これまで機動隊が罪に問われたことは一度もない。それだけではない、文子さんの生涯をふり返ると、米軍や日本軍、戦後の政府による「一方的な暴力」に晒され続けた人生だったことがわかる。

 2015年3月、文子さんが安倍総理宛に送った手紙には、その壮絶な戦争体験が綴られていた。

 「私は、70年前の地獄の様な沖縄戦を生き抜いてきた者です。兄たちは兵隊にとられ、目の不自由な母と、10歳の弟と戦火を逃げ惑いました。15歳の私は、火炎放射器で全身大やけどを負い、死んだ人の血の泥水を飲んで生きながらえてきました」

161018_339597_05

161018_339597_06

161018_339597_07

▲山本太郎議員事務所HPより転載
山本太郎議員事務所HPより転載

 米軍の犠牲となり、米軍から沖縄県民を守らなかった日本軍の犠牲となり、GHQの占領下で苦しみ、本土に復帰してからも、「米軍基地の撤廃」という本来なら「保守」の人間が先頭に立って掲げるべき言葉を、何十年も叫び行動する人間に対し、日本を愛する「愛国者」であるなら、称賛し、賛同すべきであって、「不法占拠をする活動家達」などと蔑むなど、考えられないことではないか。

 県民の4人に1人が亡くなった、日本で唯一の凄惨な本土決戦をくぐり抜け、「もう二度と戦争は嫌だ」という思いのもと、「一つしかない命をかけて」新基地反対の座り込み行動を続ける文子さん。

 そんな「命がけの非暴力行動」に対し、挑発行為を繰り返し、手で振り払っただけで「暴力行為を受けた」などと被害届けを出し、それを国会やネット上で触れ回るなど、仮にも「保守」を自称する人間なら、恥ずかしくてできないはずだ。

 それとも「保守」というのは、今日では、このような心ない所業をやらかす者の肩書きとして流通してしまっているのだろうか。

 いったい和田議員と同行者たちは、どういうつもりで、このような「恥ずかしい行為」を取ったのか。文子さんが働いたという「暴力行為」とは、具体的にどのようなものなのか。新基地反対の運動や、文子さんの思いをどの程度、理解しているのか。

IWJの取材依頼に和田議員のスタッフ「電話ではIWJに対して無礼だから…」と電話取材を拒否

 IWJは、この記事を書いている10月17日まで、約1週間にわたり和田議員の事務所に取材依頼を続けているが、事務所の担当者によれば「議員は多忙」とのことで、いまだに電話でのコメント取材も受けてもらえない状況だ。

 多忙な和田議員に配慮して、こちらの連絡先を伝え、「議員のお手すきの時でも良いから短いコメントをいただけないでしょうか」と事務所に打診をしたが、和田議員の「電話ではIWJの記者さんに対して無礼にあたってしまう」などという意向を伝えられ、断られてしまった。

 電話取材が我々に対する「無礼」に当たる、などとは滅相もない話である。島袋文子さんらに対する再三の「無礼」について、どう考えているのか、ぜひともお聞きしたいと思う。

※本論に対し、和田政宗氏から反論が寄せられた。その反論に応じて、本稿には一部訂正が加えられている。その経緯等については、以下をご参照いただきたい。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です