自民党がネット監視の新組織設置!? 改憲狙いの選挙を前に、マスコミに続いて、ネットメディアや個人への監視と言論統制強化か!? 2016.4.5

記事公開日:2016.4.5 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 おはようございます!IWJテキスト班の太田美智子です。

 NHKの報道によると、自民党がネット監視を強化するようです。表向きは、匿名ブログ「保育園落ちた、日本死ね!!!」が、待機児童問題の重要性に気づかせてくれたからということで、「ブログやツイッターなどに投稿された意見をくみ取る態勢を整える」ために、「ネット上の投稿を分析する新たな組織を設け」たのだと報じられています。

 さすがNHKさんです。細かいニュースも漏らさず拾い上げてくれます。おかげで、私たちも自民党の動きを知ることができました。でも、内容が薄くて、まるで広報みたいなのはなぜでしょうか。

 というのは、待機児童は、ずっとずっとずっと解消されていない問題です。1994年の「エンゼルプラン」とか、2001年の「待機児童ゼロ作戦」とか、国もこれまで、いろいろと計画を立てきました。厚労省は把握できる範囲で待機児童数の統計をとっています(2015年4月時点で2万3000人)。

 なのに、まるでネットの中だけでしか語られていなかった問題が発掘されたかのように、自民党が新しい組織を立ち上げるとは、どういうことなのでしょうか?組織の名称も規模も報じられていません。

 せめて組織の名称や規模、その手法や意図、集めたデータの使途など、明らかにしてもらいたいものです。そして2013年の参院選前に自民党が発足させた、掲示板などを監視する「Truth Team」との違いや協力体制についても知りたいところです。そう思って、自民党本部に問い合わせました。

 まずは自民党の広報担当の女性が電話に出ましたが、よく分からない様子。「担当に変わりますので、お待ちください」と言われてしばらく待つと、今度は男性が出ました。ところが、やはり「ここでは分からない」と言うのです。「ここってどこですか?」と尋ねると、「幹事長室です」との返答でした。いつのまにか私の問い合わせ電話は、たらい回しにされていたのでした。

 結局、このガイドを書いている時点では、自民党から詳しい情報はまだ得られていません。しかし、IWJがこれまで報じてきたように、安倍政権下で言論弾圧は加速しています。自民党は、すでに「Truth Team」や自民党ネットサポーターズなどを使って、ネット上の言論を監視していますが、わざわざ「新しい組織を設置する」と言うのは、IWJのようなネットメディアも含め、影響力のあるブロガーなどをターゲットに、監視を強化するぞと宣言しているようにも思えます。

 詳しいことが分かりましたら、また記事としてご報告します。皆さまのご支援をよろしくお願いいたします! 過去の記事や動画もご覧ください。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


“自民党がネット監視の新組織設置!? 改憲狙いの選挙を前に、マスコミに続いて、ネットメディアや個人への監視と言論統制強化か!?” への 1 件のフィードバック

  1. Citrus9 より:

    ネットの向こうのマジョリティーに怯えているのか、それともアノニマスを煽っているのか。
    何にしろ、そのツマラナイ組織に税金を使うのは勘弁してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です