俳優・宝田明氏、安倍総理に「名誉の撤退」を呼びかけ 「安倍さん、白い旗をお上げなさい。そうしたら歴代最高の総理として100年、200年、1000年と名を残すでしょう」 2015.8.22

記事公開日:2015.8.27地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(記事:佐々木隼也)

 1954年版「ゴジラ」で初主演を果たし、その後は二枚目俳優として数多くの映画に主演してきた俳優・宝田明氏が2015年8月22日、神戸市内で講演。自身の衝撃的な戦争体験を語り、安保法制を進める安倍総理に退陣を促した。

 今年で81歳になる宝田氏は講演で、自身が幼少期に戦争末期の満州で体験した、生々しく残酷な「戦争のリアル」を語った。

■全編動画

0分〜 開会/4分〜 石川氏/42分〜 宝田氏作品集/49分〜 宝田氏講演/2時間4分〜 アピール
  • 司会 小山乃里子氏(ラジオパーソナリティ)
  • 話 石川康宏氏(神戸女学院大学教授)「戦争法案をめぐって…市民が声をあげるとき」
  • 講演 宝田明氏(俳優)「私の戦争体験・子どもたちに平和な未来を!」
  • アピール SADL(民主主義と生活を守る有志)/SEALDs KANSAI(自由と民主主義のための関西学生緊急行動)

横行するロシア兵による日本人女性陵辱、自身も右腹を撃たれ…終戦後の満州の惨状

 父親が満州鉄道の技師であった宝田氏は、戦争末期の5年間を旧満州のハルビンで過ごした。1945年8月6日と9日、ラジオは広島と長崎に「化学爆弾」が落とされたことを伝えたという。

 8月15日に玉音放送を耳にした時、大人たちは内蔵をえぐり取られた思いだったが、子ども達は「急にクラッチをバックに入れて走りだされた」思いだったと宝田氏は語る。

 8月22日には、ソ連軍が85トンの重戦車などを侵攻させ、現地のあらゆる公的機関が制圧された。その日までに大部分が南へ下っていた関東軍は無条件降伏し、ハルビンの街は無政府状態に陥った。

 ある日の夕方、ロシア兵2人が略奪のため家に入り込んできた。頬に突きつけられた銃筒に「ガタガタ」と歯の震えが止まらなかった。街では、ロシア兵をおそれ、昼間のうちに外で買い出しをしようとした日本人女性をロシア兵が辱める光景も目の当たりにしたという。

 満州鉄道の線路からすぐ近くの社宅に住んでいた宝田氏は、ある日、強制労働のために列車で北部に運ばれる日本兵達を目にした。兵隊となった兄恋しさに列車に近づいた時、ロシア兵に右腹を撃たれた。

 熱した裁ちバサミで元軍医が傷口から取り出した銃弾は、国際法違反の鉛弾だった(鉛は鉛毒で人体を腐らせる)。敗戦の窮状の中、多くの日本人が中国の方々に子どもを委ねることとなったという。

子どもたちに平和な未来を渡すため「安倍総理は名誉ある撤退を」

 「もう8年もすれば、10歳の子が選挙権を得るわけです。その時に今を生きている我々が、間違った選択をしている時代を渡すのか、只々、傍観して見守るのか、それに掛かっていると思います」

 俳優である以上、極右も極左もお客さん。(宝田氏との)意見の違いで「排除された」という思いをお客にさせるわけにはいかない——。そう考えてきた宝田氏だが、しかしそうであっても自分の生きざまと戦争の現実を伝えたいという思いから、最近になり、少しずつ政治的な発言をし始めたのだという。

 「もう、安倍さん、白い旗をお上げなさい、白い旗を掲げることは不名誉なことではありませんよ。掲げて下さい。そうしたら歴代首相の中で最高に素晴らしい首相としてあなたは100年、200年、1000年と名前が残るでしょう。名誉ある撤退があるはずです」

 安倍総理へ「撤退」を呼びかけた宝田氏は、最後に自ら作詞した反戦歌を披露し。講演を締めくくった。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメント “俳優・宝田明氏、安倍総理に「名誉の撤退」を呼びかけ 「安倍さん、白い旗をお上げなさい。そうしたら歴代最高の総理として100年、200年、1000年と名を残すでしょう」

  1. 【IWJブログ】NHKでサザンがヒトラーの「チョビ髭」、タモリが「憲法改正」を疑問視―自主規制によってひたすらトボケ続けるメディアの中で、政府の暴走に国民的著名人が堂々プロテスト発言
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/223444
    2015/01/11 サザン・桑田氏へ在特会らが抗議デモ 排外デモで日本の「品格」を貶める在特会がサザンに「品格」を語る矛盾
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/224324

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です