原子力市民委員会「公開フォーラム」in京都 2015.5.23

記事公開日:2015.5.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年5月23日(土)14時より、京都市下京区にあるひと・まち交流館京都において「原子力市民委員会 公開フォーラムin京都」が開かれた。吉岡斉氏(九州大学大学院教授)、大島堅一氏(立命館大学教授)ら原子力市民委員会のメンバーに、ゲストの京都脱原発弁護団の出口治男・森田基彦両弁護士も加え、高浜原発再稼働に関する問題を中心に議論が行われた。

■ハイライト

  • 司会 細川弘明氏(京都精華大学教授、原子力市民委員会事務局長)
  • 話題提供
    • 吉岡斉氏(九州大学大学院教授、元政府事故調委員、原子力市民委員会座長)「原発再稼働をめぐる合意の問題」
    • 筒井哲郎氏(プラント技術者の会、元化学プラント技術者、原子力市民委員会規制部会長)「高浜原発の安全上の問題」
    • 森田基彦氏(弁護士、京都脱原発弁護団)高浜決定・川内決定、司法判断の枠組みの違い/出口治男氏(弁護士、京都脱原発弁護団)「大飯原発差し止め京都訴訟をめぐる状況」
    • アイリーン・美緒子・スミス氏(グリーン・アクション代表、原子力市民委員会アドバイザー)「原発防災の実態と問題」
    • 大島堅一氏(立命館大学教授、原子力市民委員会座長代理)「原発再稼働の経済学」
  • アピール(休憩中)ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ/大飯原発差し止め京都訴訟原告団
  • 話 下村委津子氏(環境市民)/福島敦子氏(原発賠償京都訴訟原告団、南相馬市からの避難者)/守田敏也氏(篠山市原子力災害対策検討委員会委員、ジャーナリスト)
  • 質疑応答 出口治男氏/森田基彦氏/吉岡斉氏/大島堅一氏/アイリーン・美緒子・スミス氏/筒井哲郎氏
  • 日時 2015年5月23日(土)14:00〜16:30
  • 場所 ひと・まち交流館京都(京都市下京区)
  • 主催 原子力市民委員会詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です