『モンサントの不自然な食べもの』 監督 マリー=モニク・ロバン氏インタビュー 2012.6.2

記事公開日:2012.6.2取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・須原)

 2012年6月2日(土)、東京都板橋区の農民連食品分析センターで、『モンサントの不自然な食べもの』の監督、マリー=モニク・ロバン氏の岩上安身によるインタビューが行われた。

■イントロ

(テキストの続きは、サポート会員ページで)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)


“『モンサントの不自然な食べもの』 監督 マリー=モニク・ロバン氏インタビュー” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見より) より:

    マリー氏はモンサントは世界の種子を支配するために遺伝子組換えを使っているのでは?種子を支配することは食糧を支配することと同じだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です