2014/05/23 「判決文要旨を読んでみんなに広めよう」大飯原発運転差し止め判決後、初めての官邸前抗議  

記事公開日:2014.5.23
このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた21日の福井地裁の判決後、初めての首相官邸前・国会正門前抗議行動が行われた。

 裁判の原告団代理人を務める河合弘之弁護士は、「今回の判決文は極めて論理的で、読んでわかる。ぜひ、判決文要旨を読んでみんなに広めて欲しい」と呼びかけた。また、原告団からのスピーチもあり、判決を喜ぶ声が広がった。その一方、「福島第一原発事故は終わっていない」と訴える声や、川内原発の再稼働反対のコールも響いた。(IWJ・薊一郎)

このアーカイブの完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “2014/05/23 「判決文要旨を読んでみんなに広めよう」大飯原発運転差し止め判決後、初めての官邸前抗議

  1. ご尽力されている皆様の労をねぎらいたくて参加しましたが、祝賀ムードも少しだけ漂っていて、数十万人の抗議行動とは別物でした。
    官邸前には参加者が多くて以前は近づけませんでしたが、今回はすぐそばで力強いシュプレヒコールが聞けました。
    ずっと活動を続けていらっしゃる人たちの気迫に胸が熱くなります。

    持参のデジカメで国会や財務省や外務省や内閣府などを撮影したのですが、真っ黒くろで何がなんだかわかりません。
    写す私も被写体も、よろしくないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です