集団的自衛権行使容認の安倍政権に市民らが抗議 ~芦部憲法を知らない安倍総理に「立憲主義を勉強しろ」の声 2014.3.12

記事公開日:2014.3.12取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

 3月12日20時から、首相官邸前で集団的自衛権の行使容認に反対する抗議が行われた。先月2月20日、安倍総理は衆院予算委員会で、この集団的自衛権の行使をめぐり、『閣議決定後に国会で審議する』との答弁を展開している。抗議参加者からは「三権分立を勉強しろよ」、「立憲主義を勉強しろよ」などのシュプレヒコールがあがった。

 この日の呼びかけ人の一人、藤原家康弁護士は、「安倍さんは法学部出身にも関わらず、『アシベ』っていう人を聞いたことがないと言っている。芦部先生という方は、戦後、憲法学の基礎を担った人。芦部憲法も知らないで、憲法を語るなと言いたい」と安倍総理を非難。安倍政権が憲法改正や集団的自衛権行使容認に意欲を示す一方、憲法を語る上で軸となる立憲主義を否定するなど、憲法を理解するのに必要な知識が欠落していることを厳しく批判した。

 集会に駆けつけた社民党・福島みずほ参議院議員は、「憲法9条があるから、集団的自衛権行使ができない」と指摘。戦後、日本が築き上げてきた平和憲法の象徴とも言われる9条の骨抜き行為をしようとする安倍総理に対し、「総理のクーデター」、「日本国憲法殺人事件をさせてはならない」と鋭く批判した。

■全編動画

  • 日時 2014年3月12日(水) 20:00~
  • 場所 首相官邸前(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です