さよなら原発 神戸マルイ前アクション Happy No Nukes Year! 2015.1.18

記事公開日:2015.1.18取材地: 動画

 1月18日(日)14時より、神戸市・三宮の神戸マルイ前で「さよなら原発 神戸マルイ前アクション Happy No Nukes Year!」が行われ、福井県知事宛の原発再稼働反対を要請する署名を呼びかけた。


阪神淡路大震災20年の集い 阪神淡路大震災―東日本大震災―原発事故 ―特別講演・対談 小出裕章氏×鎌仲ひとみ氏 2015.1.17

記事公開日:2015.1.17取材地: 動画

 1月17日(土)13時より、兵庫県西宮市・西宮市役所東館で兵庫県保険医協会および同協会西宮・芦屋支部主催による「阪神淡路大震災20年の集い 阪神淡路大震災―東日本大震災―原発事故」が開催された。

 阪神・淡路大震災および東日本大震災における医療関係者による経験の講演・報告が行われたのち、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所)と鎌仲ひとみ氏(映画監督)による特別講演・対談が行われた。


「排外デモ」傍観はできない ~在特会らを提訴した李信恵氏「橋下大阪市長には『在日特権などない』と言ってほしかった」 2014.11.15

記事公開日:2014.12.26取材地: テキスト動画

 2014年8月に、個人で初めてヘイトスピーチ(差別扇動表現)をめぐって民事訴訟を起こしたフリーライターの李信恵(リ・シネ)氏が、11月15日、神戸市内で「ヘイトスピーチを許さない社会へ」と題した講演を行った。

 李氏は、在特会(在日特権を許さない市民の会)、会長である桜井誠氏(11月末で会長辞任を表明)、まとめサイトの「保守速報」に対して損害賠償を求めて提訴している。

 9月5日に開かれた外国特派員協会での記者会見で、李氏は自分がインターネット上のヘイトスピーチに苦しめられているとし、「特に、匿名掲示板、2ちゃんねるなどの差別発言を抽出・編集し、『出て行け』『死ね』などを強調加工した『まとめサイト』はひどい内容」と怒りを示した。


「戦争を賛美し、他国を批判すると新聞が売れる」 〜メディアを考える市民のつどい 忍びよる戦争とマスコミを考える 2014.11.15

記事公開日:2014.12.24取材地: テキスト動画

※12月24日テキストを追加しました。

 「国際連盟は、満州事変のきっかけとなる柳条湖事件は謀略ではないかと疑問視、リットン調査団を派遣する。すると、1932年12月19日、日本電報通信社(電通)や新聞聯合社(共同、時事通信)などの大手マスコミは、『満州国を否定するなら、国連の声明を受け入れられない』と共同声明を出した。戦争の後押しをする以上に、国民を煽動したのだ」──。元東京大学新聞研究所教授の桂敬一氏は、戦前のマスコミの権力への迎合姿勢を明かした。

 また、この夏の朝日新聞の慰安婦報道問題について、「マスコミの朝日バッシングは常軌を逸していた。読売新聞の朝日バッシングの量は、朝日新聞の慰安婦特集のページ数を超えている」と呆れた。


「9条解釈変更で自衛隊は近々、戦闘に巻き込まれる」 ~長岡徹・関西学院大学教授が講演、安倍首相が目論む憲法改正にも言及 2014.11.22

記事公開日:2014.12.24取材地: テキスト動画

特集 集団的自衛権憲法改正
※12月24日テキストを追加しました。

 「安倍首相は『俺は選挙で勝った。だから俺の任期中は、俺のやることが民意である』という姿勢。多数を占めた政党が、どんどんものを決めていく時代になっている。政権の暴走を誰が止めるのか、真剣に考えなければいけない」

 神戸市東灘区の「九条の会.ひがしなだ」憲法学習講演会が、2014年11月22日、東灘区民センターで行われ、関西学院大学教授の長岡徹氏が「戦場ヘ行く自衛隊 ~9条改変閣議決定の帰結~」と題して講演を行った。


【大義なき解散総選挙】兵庫7区 自由民主党・山田賢司候補 街頭演説 ―応援 麻生太郎・副総理 2014.12.12

記事公開日:2014.12.12取材地: 動画

 12月12日(金)13時より、兵庫県西宮市の阪急西宮ガーデンズ北側にて、兵庫7区に自由民主党より出馬している山田賢司候補が街頭演説を行い、同党の麻生太郎氏が応援に駆け付け、演説を行った。


消費税増税反対デモ@神戸 2014.11.22

記事公開日:2014.11.22取材地: 動画

 神戸市で、11月22日(土)15時より「消費税増税反対デモ@神戸」が行われ、「消費税上げるな。生活壊すな」のコールとともに、延期ではなくさらなる消費税増税をやめるよう訴えた。この日は18時から京都で安倍首相の退陣を求めるデモも行われ、神戸から京都へデモのはしごを行う参加者もいた。


“法の番人” 元内閣法制局長官が語る ―集団的自衛権が許されないわけ 2014.11.16

記事公開日:2014.11.16取材地: 動画

 11月16日(日)16時より、神戸市中央区にある兵庫県農業会館で元内閣法制局長官・阪田雅裕氏の講演会「“法の番人” 元内閣法制局長官が語る ―集団的自衛権が許されないわけ」が開かれた。法律の憲法適合性など法の番人として大きな役割をもつ内閣法制局の長官を務めた阪田雅裕氏が、解釈改憲による集団的自衛権行使容認の問題を、立憲主義を基として法の論理の観点から説き起こし論じた。


「川内原発再稼働許さん」オキュパイ関電神戸 123回目 2014.11.7

記事公開日:2014.11.7取材地: 動画

 11月7日(金)18時より、神戸市の関西電力神戸支店前で123回目の「オキュパイ関電神戸」(関電神戸支店前行動)が行われ、40名が参加した。


「情報量が格段に少ない日本、まるで情報鎖国」〜高遠菜穂子氏・泥憲和氏が講演、イラクの惨状を訴え日本政府の態度を批判 2014.11.2

記事公開日:2014.11.6取材地: テキスト動画

特集 中東

 「日本の外務省はイラク戦争について、いまだに『大量破壊兵器があったための戦争を(日本は)支援』と表明している」──。高遠菜穂子氏は、イラク戦争の検証をしない日本政府の姿勢、日本の報道の偏向ぶりに疑問を呈した。


今こそ日朝国交正常化を! 10.26集会 —康宗憲氏、庵逧由香氏講演 2014.10.26

記事公開日:2014.10.26取材地: 動画

 10月26日(日)13時半より、神戸市中央区にある「こうべまちづくり会館」で「今こそ日朝国交正常化を!10.26集会」が開かれた。康宗憲(カン・ジョンホン)氏と庵逧由香(あんざこ・ゆか)氏が講演を行った。


神戸三宮マルイ前アクション 2014.10.25

記事公開日:2014.10.25取材地: 動画

 月に1度、「さよなら原発神戸アクション」が主催して神戸三宮の神戸マルイ前で行われている脱原発抗議行動「神戸三宮マルイ前アクション」が、10月も25日(土)14時から行われた。

 川内原発に関する住民説明会はいい加減なものだとして、地元議会への働きかけと再稼働の阻止を呼びかけた。


原発差止め判決は覆せない!神戸集会 ―講演 井戸謙一弁護士ほか 2014.10.19

記事公開日:2014.10.19取材地: 動画

 神戸市中央区にある兵庫県私学会館で10月19日(日)「さよなら原発神戸アクション」による「原発差止め判決は覆せない!神戸集会」が開かれ、金沢地裁において志賀原発2号機運転差止判決を下した井戸謙一・元裁判官と、大飯原発差止京都訴訟原告団の竹本修三氏が講演した。


「さいなら原発尼崎住民の会」結成3周年記念イベント「世界のトレンドは自然エネルギー 私たちが選ぶ未来のエネルギーは?」 2014.9.28

記事公開日:2014.9.28取材地: 動画

 兵庫県尼崎市の阪神尼崎駅北側にある中央公園で、「さいなら原発尼崎住民の会」の結成3周年イベント「世界のトレンドは自然エネルギー 私たちが選ぶ未来のエネルギーは?」が9月28日(日)11時より開催された。


「原発ゼロへ-広げよう自然エネルギー」講演と運動交流会 2014.9.27

記事公開日:2014.9.27取材地: 動画

 神戸市の兵庫県保険医協会で、「原発をなくし自然エネルギーを推進する兵庫の会」主催の講演・運動交流会「原発ゼロへ-広げよう自然エネルギー」が、9月27日(土)14時より開かれた。演壇に立った河野仁・兵庫県立大学名誉教授が、再生可能エネルギーのうち特に発電量あたりの温室効果ガスの排出が最も低い風力発電について解説した。また、県担当者が再生可能エネルギーへの支援策を説明した。


山本太郎参議院議員 神戸街宣 2014.9.25

記事公開日:2014.9.25取材地: 動画

特集 山本太郎

 山本太郎 参議院議員が、9月25日(木)神戸市中央区の神戸マルイ前で街頭宣伝を行った。山本議員は、8月下旬より全国各地で街宣キャラバンを続けている。


「安倍政権の暴走をストップさせよう」憲法を守り生かすシンポジウム ー池田香代子氏ほか 2014.9.21

記事公開日:2014.9.21取材地: 動画

 9月21日(日)13時半より、神戸市中央区にある兵庫県立のじぎく会館で、平和・民主・革新の日本をめざす兵庫の会(兵庫革新懇)主催による「『安倍政権の暴走をストップさせよう』憲法を守り生かすシンポジウム」が開催された。池田香代子氏(ドイツ語翻訳家)の講演ののち、元自衛官の泥憲和氏や医師、労組、弁護士らがそれぞれの立場で安倍政権の問題を論じた。


映画「朝日のあたる家」自主上映後の太田隆文監督のトークライブ 2014.9.7

記事公開日:2014.9.7取材地: 動画

 9月7日(日)、神戸市兵庫区にある神戸アートビレッジセンターで行われた、映画「朝日のあたる家」の自主上映会で、太田隆文監督が上映後にトークライブを行った。映画は、監督が取材などをもとに集めた福島第一原発事故での実際のエピソードを、架空の原発事故に巻き込まれた家族に託して描く。監督は、ドキュメンタリーでは伝えられない避難の悲しみがあるといい、物語で描くことで周囲が何ができるかを考えてもらうことがテーマだと映画に込めた思いを語った。


辛淑玉さんとともに考えよう 平和と人権―レイシズム問題を中心に ―鼎談 泥憲和さん×李信恵さん 2014.8.30

記事公開日:2014.8.30取材地: 動画

 8月30日(土)、神戸市中央区にある兵庫県保険医協会で非核の政府を求める兵庫の会・市民学習会「辛淑玉さんとともに考えよう 平和と人権―レイシズム問題を中心に」が開かれた。このうち後半の鼎談を配信した。

 繰り替えされる在日韓国・朝鮮人を標的としたヘイトスピーチ(差別扇動)やレイシズム(人種主義)を乗り越えるべく、のりこえねっとを共同で設立した辛淑玉氏が、関西でカウンター(対抗)行動を最早期から行ってきた泥憲和氏と、名誉を傷つけられたとして在特会やインターネットサイト保守速報などに対し損害賠償を求める訴えを起こしたフリーライターの李信恵氏とともに、現代日本のレイシズムやそれに対抗する行動のありのままを語った。


ガザ攻撃を考える―繰り返される破壊と殺戮― 講師 岡真理氏 2014.8.24

記事公開日:2014.8.24取材地: 動画

特集 中東

 8月24日(日)14時より、京都大学教授・岡真理氏の講演「ガザ攻撃を考える―繰り返される破壊と殺戮―」が神戸市中央区にある「こうべまちづくり会館」で行われた。市民社会フォーラムの第134回学習会として行われたもの。