H4タンクエリアにおける漏えいで発覚! 漏えいが確認できてもなお、タンク外側に付けられたドレン弁は通常運用は「開」で弁の役割せず ~第3回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ 2013.8.21

記事公開日:2013.8.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループは21日(水)、3回目となる会合を開いた。19日に発覚したタンク漏えい問題を中心に話し合われたが、漏えいしたタンクが偶発的に起きた特有の事象と特定出来ない。因みにこれと全く同型のフランジ型タンクの数は100以上ある事が分かった。

■全編動画

  • 議題
    護岸付近の地下⽔からの告⽰濃度限度を超える放射性物質の検出等に関する対応について
    その他
  • 日時 2013年8月21日(水)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

「H4タンクエリアにおける漏えいで発覚! 漏えいが確認できてもなお、タンク外側に付けられたドレン弁は通常運用は「開」で弁の役割せず ~第3回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ」への1件のフィードバック

  1. 佐藤  より:

    1.冷却水量を減らす方策 → 冷却水を冷やす・・・・氷・ドライアイスなどを混入すれば水量は大きく減らせるのではないか?
    2.原発運転用の電源用としてLNG気化プラントを施設し、その気化熱(-)で、冷却水を冷却する。

    廃液を減らす事も考えよう

佐藤  にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です