講演とディスカッション「脱原発と再生可能エネルギー」講演者 飯田哲也氏、アイリーン・美緒子・スミス氏、朴勝俊氏 2011.7.23

記事公開日:2011.7.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年7月23日、京都市の龍谷大学にて、講演とディスカッション「脱原発と再生可能エネルギー」が開催された。

  • 飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)「脱原発と再生可能エネルギー促進 必要な政策と行動とは」
  • アイリーン・美緒子・スミス氏(NGO グリーン・アクション代表)「原発をめぐる日本社会とメディア」
  • 朴勝俊氏(関西学院大学総合政策学部准教授)「原発事故の被害総額 京都に迫る危険性」
  • コーディネーター 丸山徳次氏(里山学研究センター研究員、龍谷大学文学部教授)
  • 日時 2011年7月23日(土)
  • 場所 龍谷大学大宮キャンパス(京都市下京区)
  • 主催 龍谷大学里山学研究センター/共催:NGO e-みらい構想

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です