第32回原子力規制委員会 2013.3.6

記事公開日:2013.3.6取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・花山/澤邉)

新安全基準について4300件から4400件のパブリックコメント

 2013年3月6日(水)、10時30分から、原子力規制委員会庁舎において「第32回原子力規制委員会」が開催された。

■全編動画

  • 日本原子力発電株式会社東海第二発電所管理区域外での洗浄廃液の漏えいに対する評価について
  • 原子力規制委員会国民保護計画について
  • 原子力規制委員会設置法の一部の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案について
  • 原子力規制委員会の取組の公表について
  • 東京電力福島第一原子力発電所事故に関連する健康管理のあり方について(提言案)
  • 安全目標について
  • 緊急事態対応能力の強化に向けて
  • 日時 2013年3月6日(水)10時30分~
  • 場所 原子力規制庁(東京都港区)

 原子力規制委員会の取組の公表について、熊倉基之企画官から説明があった。「昨年、原子力規制委員会設置法が国会で成立した際に、参議院で附帯決議がされ、毎年3月11日に、全国の原子力発電所の、安全性の総点検、原子力防災体制の確認、政府の原子力規制に関する取組について公表し、二度と事故を起こさないよう、自らの取組を見直す機会とすることとなった。その内容は、大きく3つに分かれ、1番目が原子力施設の安全確保に向けた取組、2番目が危機管理体制の整備及び事故時の影響緩和のための取組、3番目が原子力規制行政に対する信頼の確保に向けた取組である」と報告された。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です