自民党総裁選、自称「ハト派」の岸田前政調会長が軍事費増強、対中強硬姿勢の外交・安全保障政策で右傾した自民支持層に猛アピール! 一方IWJ記者の質問には「絶対に核兵器をもつべきではない」と回答! ではなぜミサイルが必要!? 相手は核保有国なのに!!~9.13岸田文雄衆議院議員 政策発表会 2021.9.13

記事公開日:2021.9.13取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材、文・渡会裕)

 2021年9月13日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館で、自由民主党総裁選挙に出馬を表明した岸田文雄前政調会長による、3回目の政策発表会が行われた。

 この日の会見では、外交・安全保障政策が発表されたが、岸田氏はこれまでの「ハト派」の印象を覆す、極めて中国に敵対的な政策を繰り出し、露骨に保守層へアピールした。

 岸田氏は中国の軍事的な脅威に対抗するため、防衛費増額を訴え、沖縄県の尖閣諸島など離島防衛のための新たな法整備を検討すると発表した。

 さらに、敵基地攻撃能力の保有に前向きな見解を示した。

 また、中国の少数民族への人権侵害に対応する人権問題担当の首相補佐官や、経済安保担当の閣僚ポストの設置も提唱した。

 また、延期されている習近平中国国家主席の国賓来日については、「具体的に日程を考える状況ではない」と一蹴した。

 IWJ記者は、同じく自民党総裁選に出馬表明した高市早苗前総務相が9月10日にテレビ朝日系の情報番組で表明した「衛星や電磁パルスによる敵基地無力化」について岸田氏の見解を求めた。

<IWJ記者の質問に対する岸田氏の回答、他社の記者との質疑御応答は、以下の会員限定部分で御覧ください。まだ会員登録されていない方は、ぜひ、会員登録をよろしくお願いします。まだ会員に未登録の方は、ぜひ、会員登録をお急ぎください!>

※会員のご登録はこちらからお願いします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJ記者質問部分

■全編動画

  • 日時 2021年9月13日(月)10:30~
  • 場所 衆議院第1議員会館 多目的ホール(東京都千代田区)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページより御覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です