医師二人がALS患者に薬物投与して殺害!?「嘱託殺人」の疑いで逮捕!大西つねき氏がした主張「命の選別」が現実に広がり始めている!間違えてはならない!「安楽死」は殺人である! 2020.7.25

記事公開日:2020.7.25 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ編集部)

<シリーズ特集>「相模原殺傷事件から4年」今ここにある優生思想に向き合う~ 大西つねき氏「命の選別」発言から ALS患者「嘱託殺人」事件まで|特集 れいわ新選組

※これはIWJ日刊ガイド2020.7.24日号~No.2871号に掲載された記事を加筆・修正したものです。

 京都市に住む一人暮らしの50代のALS(筋萎縮性側索硬化症)女性患者から「安楽死」の依頼を受けたとして、宮城県と東京都の医師二人が京都の女性患者の自宅でこの女性に薬物を投与して殺害。京都府警が23日、この二人の医師を嘱託殺人の疑いで逮捕した。

 複数の大手メディアの報道によると、昨年11月、容体が急変して搬送先の病院で死亡した女性の体内から、普段使用していない薬物が見つかり、警察が捜査を進めたところ、防犯カメラに二人の医師が映っていたとのことだ。

 二人はこの女性の主治医ではなく、SNSを通じて知り合ったとみられています。この女性は24時間介護が必要な状態だったとみられており、周囲に「安楽死させてほしい」と話していたとも報じられている。

記事目次

  • 「宮城県の医師」は、安楽死の法制化を訴えるなど、優生思想の持ち主
  • 1995年横浜地裁の判決で、松浦繁裁判長が示した「医師による安楽死の4要件」
  • 舩後靖彦参議院議員の声明「『死ぬ権利』よりも『生きる権利』を守る社会」にしていくことが、何よりも大切」

※ここから先は【会員版】となります。会員へのご登録はこちらからお願いいたします。ぜひ、新規の会員となって、あるいは休会している方は再開して、ご覧になってください!

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です