田中宏・一橋大学名誉教授「日本には敗戦後に復興してきた顔と千円札の顔がある」 〜wam 第16回特別展 朝鮮人「慰安婦」の声をきく 日本の植民地支配責任を果たすために 連続セミナー(第7回) 2020.1.19

記事公開日:2020.1.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月19日(日)15時より東京都新宿区のアクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 (wam) にて、差別される在日と共に歩み見えてきた戦後日本 田中宏・一橋大学名誉教授 〜wam 第16回特別展 朝鮮人「慰安婦」の声をきく・日本の植民地支配責任を果たすために 連続セミナー第7回が開催された。

■ハイライト

  • ゲスト 田中宏氏(一橋大学名誉教授)「差別される在日と共に歩み見えてきた戦後日本」
  • タイトル 差別される在日と共に歩み見えてきた戦後日本 田中宏・一橋大学名誉教授 〜wam 第16回特別展 朝鮮人「慰安婦」の声をきく 日本の植民地支配責任を果たすために 連続セミナー(第7回)
  • 日時 2020年1月19日(日)15:00〜17:00
  • 場所 アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 (wam) (東京都新宿区)
  • 主催 アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館 (wam)詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です