朝鮮半島、中国、安倍政権と日米安保、そして、東アジア共同体への展望!! ~10.6 ジャーナリスト高野孟さんとともに 反戦反安保討論会「東アジアの大変動と日米安保体制」 2018.10.6

記事公開日:2018.11.19取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 浜本信貴)

 2018年10月6日(土) 13時半より、「ジャーナリスト高野孟さんとともに反戦反安保討論会『東アジアの大変動と日米安保体制』」が文京区シビックホール会議室で開催された。

 高野孟氏の講演は、朝鮮半島、拉致問題、中国、非核化、沖縄、安倍政権と日米安保、米中の覇権争い、そして、東アジア共同体の展望まで、広い範囲をカバーするものであり、講演後の参加者からの質疑も多岐にわたるものとなった。

 「米中の貿易戦争が激化しているが、実のところ、これはデジタル覇権を巡る争いではないか?」との質問に対し、高野氏は「そうだと思う。だが、AIの基礎技術は米国のものだが、ゲーム化などの実装については中国が何倍も先をいっている」

 また「米国は一国覇権のノスタルジアだけを忘れない認知症の老人で、徘徊癖もある。ヨーロッパ、ロシア、中国、インド、そして、日本でこの老大国をどう介護し、寝かしつけていくかが世界史的課題だと思う」とユーモアも交えて回答した。

 「東アジア共同体の可能性についてお聞かせ願いたい」との要望に対しては、「イメージと基本理念が大事。国連は大規模すぎてそのままでは使えないが、国連の理念をそれぞれの地域社会が担っていくというのはいいと思う。ASEAN共同体をひとつの軸として、それと競合する形で北東アジアまで含めた経済・文化・安保共同体を立ち上げ、発展の度合いが違う二つの共同体が最終的につながることを目指す」と熱を込めて語った。

 ジャーナリスト高野孟さん関連のコンテンツは、以下のURLからご覧いただけます。ぜひ、ご覧ください。

■ハイライト

  • 講演 高野孟氏(ジャーナリスト、『インサイダー』編集長)
  • タイトル ジャーナリスト高野孟さんとともに 反戦反安保討論会「東アジアの大変動と日米安保体制」
  • 日時 2018年10月6日(土)13:30〜17:00
  • 場所 文京シビックセンター(東京都文京区)
  • 主催 戦争法廃止・安倍たおせ!反戦実行委員会
  • 告知 9条改憲阻止の会Facebook投稿

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です