憲法の基本理念を踏みにじった政治家は刑法で罰せられるべき!! 「破憲」総理 安倍晋三氏を内乱予備罪で刑事告発!~9.24岩上安身による元衆議院事務局委員部長・元参議院議員 平野貞夫氏インタビュー 2018.9.24

記事公開日:2018.9.26取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後の1ヶ月間。サポート会員の方は無期限でご覧いただけます!
ご登録はここから

 2018年9月24日(月)14時より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による元衆議院事務局委員部長・元参議院議員 平野貞夫氏インタビューが行われた。

■ハイライト

■沖縄の小沢一郎氏別荘の発言

  • 日時 2018年9月24日(月)14:00~
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

「憲法の基本理念を踏みにじった政治家は刑法で罰せられるべき!! 「破憲」総理 安倍晋三氏を内乱予備罪で刑事告発!~9.24岩上安身による元衆議院事務局委員部長・元参議院議員 平野貞夫氏インタビュー」への1件のフィードバック

  1. 水野 勲 より:

    この動画を3日がかりで5時間つきあって見て、とても充実した内容だと思いました。平野さんが安倍首相を「内乱予備罪」で告発したことは、ツイッター等で私も知っていましたが、どこか危なっかしいと感じていました。それは、平野さんがこの件でリベラル派弁護士が消極的と紹介していた通り、「内乱予備罪」とい罪名が、逆に安倍政権が、政権批判をする一般市民、組織について、検察を動かして起訴する呼び水にならないかという恐れを抱くからです(共謀罪法が通過しています)。しかし、じっくり平野さんと岩上さんの話を聞いていくと、平野さんが安倍政権のひとつひとつの憲法破壊行為ではなく、たくさんあるそれらを総体として束ねて、この政権が「体系的に憲法破壊的」であることを、たくさんの事実を積み重ねて立証していることがわかりました。そこには、平野さんの戦時中の経験、戦後の国会事務局、国会議員の経験からくる血の通った、そして声をはりあげない論理のしなやかさが、説得力をもっています。82歳とは思えない明晰かつ朗らかな語りに、騒がしいテレビやツイッターの言説とは違う安心感をもちました。平野さんが咳を何度もしつつも、長時間話し続けた姿は、歴史の生き証人として私は受け取りました。毎度のことですが、ノンカット長時間インタビューをかけあいでフランクに構成するIWJに、感謝いたします。近々、上程される可能性がある緊急事態条項に対するカウンターとして、先に提出しておこうとする趣旨も、よくわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です