1999年下関市長選で安倍事務所による選挙妨害依頼を受けた人物が小山氏!小山氏への酷薄な掌返しが怒りの火炎瓶へ!!~9.10_緊急!#ケチって火炎瓶 新宿アルタ前 山岡俊介と寺澤有氏トークライブ 2018.9.10

記事公開日:2018.10.19取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 トークライブの冒頭、山岡氏は「1999年というともう古い事件のように思う人がいるかもしれませんが、選挙妨害は民主主義の根幹を揺るがす重大な犯罪です。この犯罪の中に安倍総理という人物のまさに正体が現れていると言えます」と、この疑惑の核心について熱弁を奮った。

 「そもそも、#ケチって火炎瓶とは言っていますが、小山氏は依頼された選挙妨害への報酬を一切受け取とっていません。安倍総理は当時小山氏と一対一で2時間近くも密談し、小山氏が帰る際は事務所総出でお辞儀をして送ったと言います。その後、掌を返され小山氏は恐喝罪で獄中の人となるのです。小山氏も悪人ですが、悪人に対する仕打ちとしてもひどい仕打ちです。その怒りが連続火炎瓶放火事件を生むのですが、そのうちの一件が安倍総理の自宅でした」

 山岡氏のよどみない説明に、雨の中、足を止めた聴衆は熱心に聞き入っていた。

「#ケチって火炎瓶」安倍晋三氏宅放火未遂事件の関連コンテンツは、以下のURLからご覧いただけます。なかでも、9月2日にIWJ事務所で行われた岩上安身による寺澤有、山岡俊介両氏へのインタビューは、事件の詳細を網羅した内容となっています。ぜひ、ご覧ください。

■ハイライト

  • 発言者 山岡俊介氏(ジャーナリスト)、寺澤有氏(ジャーナリスト)、ほか
  • 内容 安倍晋三秘書が放火未遂犯とかわした疑惑の「確認書」、安倍首相の第二下関事件、第三下関事件、第四下関事件などについて

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「1999年下関市長選で安倍事務所による選挙妨害依頼を受けた人物が小山氏!小山氏への酷薄な掌返しが怒りの火炎瓶へ!!~9.10_緊急!#ケチって火炎瓶 新宿アルタ前 山岡俊介と寺澤有氏トークライブ」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    この件は「未遂」で済む話ではない。大炎上希望!

    1999年下関市長選で安倍事務所による選挙妨害依頼を受けた人物が小山氏!小山氏への酷薄な掌返しが怒りの火炎瓶へ!!~9.10_緊急!#ケチって火炎瓶 新宿アルタ前 山岡俊介と寺澤有氏トークライブ https://iwj.co.jp/wj/open/archives/431176 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1053251470072590340

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です