【特別寄稿】「二階俊博幹事長の長男が代理出席の和歌山市長選(2018年7月29日投開票)はカジノ誘致イエスかノーかが争点 カジノ賛成の現職が番狂わせで敗れた小樽市長選の再現なるか」(ジャーナリスト・横田一) 2018.7.27

記事公開日:2018.7.27 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:横田一)

 トランプ大統領の下僕のような「米国益第一」の安倍首相(政権)は終盤国会で、日本の国富を流出させる「売国的」な「カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案」を強行採決で成立させたが、トランプ大統領の大口献金者でカジノ王ことアデルソン会長率いる「ラスベガス・サンズ」など海外カジノ業者の“日本上陸”を水際で阻止する手段は、まだ残されている。

 カジノ開業には地方自治体の承認が不可欠であるため、自公維など賛成派の地方議員を落選させて過半数割れに追い込めば、その地域への海外カジノ業者の進出を食い止めることが可能なのである。あるいは、カジノ誘致賛成の自治体の首長を反対派に交代させて誘致の旗を降ろさせても、同様の効果が期待できる。海外カジノ業者が儲かる賭博解禁を「売国的」安倍政権がゴリ押しした今となっても、誘致自治体の首長選や地方議員選挙(来年の統一地方選など)で「カジノはいらない」という民意を突きつけることができるのだ。

 そんな「カジノ誘致イエスかノー」を問う試金石のような地方選挙が、2018年7月22日に告示された和歌山市長選(29日投開票)だ。安倍政権を支える重鎮の二階俊博幹事長(和歌山3区)のお膝元であり、和歌山市へのカジノ誘致にも積極的とみられているのだ。

 カジノ誘致賛成派の現職・尾花正啓候補と、カジノ誘致反対派で共産・社民・自由と市民が支援する島久美子候補の一騎打ちである。

▲カジノ誘致賛成派の現職・尾花正啓候補の出陣式

▲カジノ誘致反対派で共産・社民・自由と市民が支援する島久美子候補

カジノ誘致賛成派の現職・尾花正啓候補の出陣式に二階幹事長の長男・俊樹氏が代理出席

 「(カジノ誘致を)やっていませんから。勝手なことを言ってもらったら困る。うちはやっていない!」。

 こう語気を荒げて否定したのは、二階俊博幹事長の長男で政策秘書の二階俊樹氏。2016年5月、“二階王国・和歌山”の御坊(ごぼう)市長選に立候補し、小泉進次郎氏らの応援を受けながら落選したことで知られる俊樹氏は、カジノ誘致が争点の和歌山市長選(29日投開票)の現職・尾花正啓候補の出陣式に父親の代理として出席。その場で「二階幹事長は(市長選について)どう仰っていましたか」と聞くと、「『一期目も私たちは尾花市長を応援した。その方針は全く変わらない。引き続き、尾花市長を応援します』と言っていました」と丁寧に答えてくれた。

▲カジノ誘致賛成派の現職・尾花正啓候補の出陣式に代理出席をした二階幹事長の長男=黒い背広

 そこで「市長選でカジノは争点にならないのですか。二階先生も熱心に(和歌山市への誘致を)やっていますが」とも聞いてみたのだが、すると地元へのカジノ誘致の熱意を強く否定する前出の回答が返って来たのだ。

 ただし海外のカジノにも詳しい事情通は違う見方をしていた。「二階幹事長が地元・和歌山へのカジノ誘致に熱心なのは有名な話です。海外のカジノ業界の関係者が来ると、二階幹事長が候補地(和歌山市南部の人工島・和歌山マリーナシティ)に案内しているとも聞いています」。

 また2016年12月16日付の産経新聞も「カジノ効果2千億円、剛腕・二階幹事長も前向き?IR誘致、和歌山が“台風の目”となるか」と銘打って、二階幹事長側近の国会議員の発言をこう紹介していた。

 「側近の国会議員は『IR誘致の議論ではこれまで、有力な候補地として大阪などの都市部が取り上げられることが多かったが、客は世界からやってくる。関空から近く、リゾートもある和歌山は最適な場所だといえる。これは二階氏も同じ考えだ』と話す」。

▲カジノ候補地の和歌山マリーナシティ

 カジノ候補地の和歌山マリーナシティは約40ヘクタールで、すでに遊園地や温泉やホテル、欧州の町並みを模したテーマパークなどが揃っていて、外国人を含む観光客でそれなりに賑わっていた。遊休地の約15ヘクタールがすぐに開発可能であることがセールスポイントで、カジノ誘致に積極的な仁坂吉伸知事が「即戦力であり、関西国際空港から近い」とアピール。なお仁坂知事は「二階氏とは昵懇(じっこん)の間柄」(先の産経新聞)とされる。

▲カジノ誘致賛成派の現職・尾花正啓候補

尾花氏の出陣式~二階幹事長のシナリオに沿って、カジノ誘致派の知事や国会議員が発言していくかのような進行

 尾花氏の出陣式には、二階幹事長と連携してカジノ誘致を進めているように見える仁坂知事も駆け付けて挨拶。また候補地でホテルを経営する「和歌山マリーナシティ株式会社」の元取締役である門博文衆院議員(和歌山1区で落選・近畿ブロック比例復活)も出陣式に駆け付け、自民党国会議員のトップバッターとして挨拶。そして前夜の電話で二階幹事長から託されたというメッセージを次のように読み上げた。

▲二階幹事長のメッセージを代読した門博文衆院議員

 「今日は所要でこの出陣式には出られないけれども是非、自民党を挙げて尾花候補の圧倒的勝利に導いて欲しい。その上で公明党の皆様とも協力をさせていただいて、この県都・和歌山市がさらに発展できるように、出来ることは何でもする」。

 この公明党からも浮島智子衆院議員(近畿ブロック比例)が出席して挨拶、カジノ実施法案成立でも足並みを揃えた自公の揺るがぬ絆をアピールした。まるで二階幹事長のシナリオに沿って、カジノ誘致派の知事や国会議員が発言していくかのような進行となっていたのだ。

 想定外だったのは、カジノ実施法案に反対したはずの国民民主党の岸本周平衆院議員(和歌山一区)が、「私利私欲が全くない尾花さんを私は大好きです。みなさんも大好きだと思います。頑張りましょう」と支持表明をしたこと。さらには連合和歌山の副会長も支援表明し、自公と国民民主が推薦した上に連合までもが応援に回るという盤石の体制となっていたのだ。

 そうそうたる来賓の挨拶に続いて尾花候補が決意表明をした後、勝つぞコールで拳を振り上げたが、候補自身も来賓の弁士も誰一人としてカジノ誘致にはついて触れなかった。辺野古新基地建設が争点の2月の名護市長選では自公推薦候補の応援弁士に「辺野古の『へ』の字も言わないように」というメモが配られたが、和歌山市長選でもカジノの「カ」の字も言わない争点隠し選挙に徹しているといえるのだ。

カジノ誘致反対の島久美子候補を共産・社民・自由と市民が支援

 これに対してカジノ誘致反対の島久美子候補は出陣式で、「市民は(カジノを含むIRの)施設がほしいとは言っていないが、県と市は計画を進めている。ギャンブル依存症対策は十分だと実証されていない。IR誘致にはきっぱり反対していく」と自らの立場を明言した。手応えも感じているようだった。

▲島候補の街宣

 「カジノ誘致反対を訴えた時の有権者の反応がすごくいいのです。『初めて知った。阻止して欲しい』と励まされることもあります」。

 告示日夕方には、自由党の山本太郎参院議員と福島瑞穂参院議員(社民党)と宮本岳衆院議員(共産党)がJR和歌山駅前で、揃い踏みの街頭演説をした。そして山本氏は地元商業関係者への悪影響を訴えた。

 「カジノで問題になっているのは『カジノと(IR施設内の)カジノの近くにある施設にお客さんが集中、カジノ周辺にある商売がダメになってしまう』ことが言われています。和歌山の場合、この『マリーナシティ』にできたらマリーナシティに客さんは来るかも知れないけれども、その周辺の商売は厳しい状態に置かれる可能性が高まるのです」。

 原発立地とダブらせたのが福島氏。「バクチ場を作るかどうかが大きな争点。和歌山県はかつて原発の立地をはねのけた所。今度もバクチ場なんかいらない。カジノから和歌山を守りましょう」と訴えた。

 2015年4月の小樽市長選と似たような様相を呈してきた。自民と公明と民主と連合小樽と小樽商工会議所が支援するカジノ賛成の現職・中松義治市長(当時)の圧勝が予想される中、カジノ誘致反対の新人・森井秀明・元市議がまさかの逆転勝利をしたのだ。共産・社民・自由支援の米山隆一前知事が、連合も支援した自公推薦候補に勝利した1年半前の新潟県知事選と同じような番狂わせが起きていたのだ。カジノ誘致が争点になって多くの無党派層の反対票を投じ、既成政党の基礎票の足し算とは違う結果になったといえる。

 「原発再稼働イエスかノーか」が争点となった1年半前の新潟県知事や「カジノ誘致イエスかノーか」を問うた小樽市長選の再現となるのか。29日投開票の和歌山市長選の結果から目が離せない。

仁坂知事へ直撃~「こんなところで暑いのに、そんな話は出来ない!」と、質問には一言も答えず

――カジノ、IRは和歌山市長選の大きな争点にならないのですか。

●仁坂知事 あれは僕の仕事。(和歌山市長選に)関係ない。和歌山市役所はあまり関係がない。

――尾花市長は「外国人専用」と言っています。「日本人も入場可能」という知事と食違いがあります。

●仁坂知事 そのうち、そのうち。こんなところで暑いのに、そんな話は出来ない!

――和歌山市長は(カジノ誘致に)関係ないのか。

●仁坂吉伸知事 関係ない。

――和歌山市の治安が悪化しないのか。IR内の囲い込みで周りのホテルやレストランが潰れてしまうのではないか。

●仁坂知事 無言(街宣車に乗り込んだ尾花氏に手を振るだけで、私の質問には一言も答えず)。

門博文衆院議員へ直撃~「『カジノとホテル』と『IR』は違う! マスコミは矮小化した施設のことを悪くいう」と持論展開

――カジノは争点にならないのですか。

●門博文衆院議員 相手候補はしたいのではないですか。

――市民の方の関心も高いのではないですか。

●門博文衆院議員 そんなことはないと思います。「反対」と言っている人達が関心を高くしようとしているだけで、正しいことが伝えれていないところで、その議論をするのは、まだ時間不足かも知れないね。

――尾花市長は「外国人のみ」と言っていて、仁坂知事は「日本人も入場可能」と言っている。

●門博文衆院議員 選挙が終わったら尾花市長もカジノ先進地をご覧になる可能性があると思いますので、終わってから、またいろいろなご見解を示されると思います。

――先進地を見ると、市長の考えが変わるということですか。

●門博文衆院議員 もちろん。見て感じることは大事ですから。公務が忙しいので尾花市長は先進地の事例を見れていないと聞いていますので。見ないで批判する人がたくさんいるからね。

――韓国(のカンウォンランド)は治安が悪化、人口も減少して失敗していますね。

●門博文衆院議員 韓国は違います。カジノとホテルがあるだけだから。IRじゃないからね。マスコミは矮小化した施設のことを悪くいうから。

――カンウォンランドはIRではないと。国際展示場(MICE)もありますが。

●門博文衆院議員 IRではありません。シンガポールとかマカオとかラスベガスの先進事例を見て欲しい。

――IR周辺のホテルやレストランが潰れたという米国の事例がありますが。値引きでIRがお客さんを囲い込んでしまって、周りの商業施設が潰れてしまうと。

●門博文衆院議員 他所で起こったことが日本で起こるとは限らないですよね。まあ、カジノ先進地を見ましょうよ。見ないでお互い話をしても仕方がない。

島久美子候補への山本太郎参院議員の応援演説(2018年7月22日17時半)~この国にはギャンブルが吐いて捨てるほどある。カジノを作って依存症を増やしてどうするのか!

▲島久美子候補の応援演説をする山本太郎参院議員

 2018年7月20日夜の参院本会議で、「カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案」の採決の際、自由党の山本太郎参院議員は、森裕子議員、そして参院会派「沖縄の風」の糸数慶子議員と登壇。演壇で「カジノより被災者を助けて」「カジノより学校にエアコンを」と書かれた垂れ幕を掲げた。

 本会議場は騒然。議員席から浴びせられる非難の声に対し山本議員は、「おかしいのはどっちだ!」「被災者よりもカジノか!?」「恥を知れ!」などと壇上から叫んでいた。

 その山本議員は、和歌山市に足を運び、今度は市民に向けてIR実施法の数々の問題点を訴えている。

 以下に山本議員の島久美子候補への応援演説を掲載する。

<山本太郎参院議員の応援演説>

 「シンガポールにカジノが2010年に出来て2016年の外国人観光客は140%に増えました。日本はカジノがなくても2010年から2016年までの外国人観光客の増加率は270%を超えているのです。シンガポールを比べて見て下さい。カジノを作ったってその程度。一方、日本ではカジノがなくてもそれだけ外国人観光客が増えている。カジノで外国人観光客を増やすということ自体が論理的に破綻しているのです。

 カジノで問題になっているのは何か。『カジノと(IR施設内の)カジノの近くにある施設にお客さんが集中してしまって、カジノの周辺にある商売がダメになってしまう』ということが多々言われていることなのです。つまり、どういうことかと言うと、和歌山の場合、(誘致候補地の)このマリーナシティに出来たとしたらマリーナシティにお客さんは来るかも知れないけれども、その周辺の和歌山市の商売は厳しい状態に置かれる可能性が高まるということなのです。

 このカジノに関して、この市長選挙では論点になっていますか。今回の和歌山市長選において、このカジノというのは争点の一つになっていますか。なっていないとおかしいのです。どうしてかと言うと、現職の市長がずっと前から県知事と一緒に二人三脚でカジノを呼ぼうということをやってきたのです。マリーナシティであれば、15ヘクタール加えられるとか。そういうことをずっと仰ってきた。『関西国際空港からも近い』というアピールをずっと続けてきたのが、現職の市長なのに、どうして市長選になったら口をつぐんでしまうのか。

 本当に必要だというのなら、和歌山のためになるというのなら、今まで市長としてやってきたことに誇りを持って市長選のテーマの一つとするべきではないですか。あまりにもおかしい。(中略)

 強行に採決をされてしまったカジノ法案。成立してしまいましたけれども、これが和歌山に来てしまって何が問題になるのかと言うと、ギャンブル依存症者。脳の中が変化をしてしまって、ギャンブルをしていないと落ち着かない。それによって借金を増やしていき、家族まで崩壊してしまった依存者が沢山います。この国にはギャンブルが吐いて捨てるほどある。(中略)カジノを作って依存症を増やしてどうするのか」。

 カジノ誘致はイエスか? それともノーか? 7月29日が投開票日となる和歌山市長選挙の結果に注目が集まっている。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です