カジノを規制するカジノ管理委員会の事務局に事業者が加入可能!?「なぜ『ノーリターンルール』にしないのか?」日本共産党・畑野君枝議員が追及!~第2回カジノ法案の慎重審議を求める6.15野党合同ヒアリング 2018.6.15

記事公開日:2018.6.15取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 野党合同ヒアリング―カジノ法案・イラク日報隠蔽疑惑・教育現場不当介入・財務省セクハラ・その他|特集 統合型リゾート(IR)実施法案
※公共性に鑑み8/22より3日間、全編公開いたします。今月は目標額の11%しかカンパが集まっていません。ぜひ、このピンチを乗り越えるために、皆さま、緊急のご寄付・カンパでご支援ください!

 2018年6月15日(金)11時より東京都千代田区の衆議院にて、第2回カジノ法案の慎重審議を求める野党合同ヒアリングが開かれ、前回のカジノ法案野党合同ヒアリング(6月13日)で提起された10の論点について問いただした。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • タイトル 第2回カジノ法案の慎重審議を求める野党合同ヒアリング ―内容:前回のカジノ法案野党合同ヒアリング(6月13日)で提起された10の論点について
  • 日時 2018年6月15日(金)11:00〜
  • 場所 衆議院(東京都千代田区

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

「カジノを規制するカジノ管理委員会の事務局に事業者が加入可能!?「なぜ『ノーリターンルール』にしないのか?」日本共産党・畑野君枝議員が追及!~第2回カジノ法案の慎重審議を求める6.15野党合同ヒアリング」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    カジノを規制するカジノ管理委員会の事務局に事業者が加入可能!?「なぜ『ノーリターンルール』にしないのか?」日本共産党・畑野君枝議員が追及!~第2回カジノ法案の慎重審議を求める6.15野党合同ヒアリング https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424721 … @iwakamiyasumi
    泥棒と警察が同一人物。規制など茶番に過ぎない。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1008471690555285504

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です