300回目を迎えた「再稼働反対!首相官邸前抗議」!主催の首都圏反原発連合(反原連)がステートメントを発表!「このまま政府が原発を動かすことを見過ごすことはできず、その意志を表す場所はまだまだ必要」 2018.7.27

記事公開日:2018.8.4取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 首都圏反原発連合(反原連)が2012年3月29日に初めて行なった抗議から数えて、300回目を迎えた「再稼働反対!首相官邸前抗議」。2012年の夏には、官邸前を20万人(主催者発表)の参加者が埋め尽くし、当時の野田佳彦政権の喉元に「反原発」を突きつけた。

 2018年7月27日(金)に行われた「再稼働反対!首相官邸前抗議」では、首都圏反原発連合のスタッフが、抗議開催300回を迎えてのステートメントを発表。「2018年7月に閣議決定された『第5次エネルギー基本計画』においても、安倍政権はこれまで通り原発維持・推進の計画を打ち出しました」と述べ、「2011年の福島原発事故の経験から、国民世論は脱原発を求めており、海外でも脱原発・再生可能エネルギー推進の流れが大きくなる中、一部の既得権益者へ利益誘導するだけの、愚かな政策障害としか言えません」と、安倍政権による原発政策を厳しく非難した。

 また、「『金曜官邸前抗議』の回数が増してゆくことは、決して好ましいことではありません」と話し、「しかし、このまま政府が原発を動かすことを見過ごすことはできず、その意志を表す場所はまだまだ必要であると考えます」と、抗議参加者に訴えかけた。

■ハイライト

  • タイトル 再稼働反対!首相官邸前抗議 第300回
  • 日時 2018年7月27日(金)18:30〜20:00
  • 場所 首相官邸前/国会正門前(東京都千代田区
  • 呼びかけ 首都圏反原発連合

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です