「今度は審査中という逃げはありません!!」東海第二原子力発電所の原子力規制委員会設置変更許可を受けて原子力規制庁から17名の担当者が出席~7.13原子力規制委員会 院内ヒアリング集会 第3回 2018.7.13

記事公開日:2018.7.13取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

  2018年7月13日(金)13時15分より、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、原子力規制委員会 院内ヒアリング集会「第3回 東海第二原発の再稼働審査を問う! ―首都圏に最も近い老朽・被災原発を動かすな―」が開催された。

■ハイライト

  • 事前学習会
  • 原子力規制庁ヒアリング
    質問項目 炉心安定性と原子炉停止問題/ケーブル火災について/ブローアウトパネルと加振試験問題/津波による漂流物の問題/東海第二原発の安全性にとって、東海再処理工場の事故からの影響を考慮することは必須課題/「爆発」事故発生のきっかけの一つとして津波/審査情報公開/前回までの質問・回答への追加質問
    質問予定(首都圏)山崎久隆氏、木村雅英氏/(茨城県)川澄敏雄氏、大石光伸氏、相沢一正氏、披田信一郎氏
  • 意見交換会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です