纐纈厚氏「明治国家というのはクーデターによって生まれ、その本質は軍事国家であった」~7.5盧溝橋事件81周年「明治150年」徹底批判!侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる集い 2018.7.5

記事公開日:2018.7.8取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年7月5日(木) 18時より東京都文京区の文京区民センターにて、「盧溝橋事件81周年『明治150年』徹底批判!侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる集い」が開催された。

■ハイライト

  • 総合司会 市来伴子氏(杉並区議会議員)、主催者挨拶 藤田高景氏(村山首相談話を継承し発展させる会・理事長)
  • 特別報告
    1. 「安倍政権の国家権力の乱用は許さない!『ビザ発給拒否・集会妨害裁判闘争』の支援の訴え」 田中宏氏(原告、一橋大学名誉教授)
    2. 「過労死の繰り返しは許さない」 佐戸恵美子氏(全国過労死を考える家族の会、2013年に過労死された元NHK記者・佐戸未和さんの母)
  • 中国細菌戦被害者の発言 王選氏(NPO法人731部隊細菌戦・資料センター共同代表)
  • 基調講演 「『明治150年』に隠された 日本の侵略思想を問う!」 纐纈厚氏(明治大学教授・前山口大学副学長)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です