籠池夫妻300日もの勾留後に保釈され久々の籠池節!「これは国策勾留だ!」「『松井維新の党』による政治的カモフラージュにされた!」国有地売却も小学校建設も「大阪府私学審議会の認可適当から始まった!!」~5.25籠池氏会見で訴え! 2018.5.25

記事公開日:2018.5.25取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ編集部)

特集 極右学校法人の闇
※2018年5月26日、テキストを追加しました。

 籠池泰典氏とその妻諄子氏について、大阪地方裁判所は2018年5月25日、保釈に反対する大阪地検の準抗告を退け、改めて保釈を認めた。2017年7月末に逮捕以降、大阪拘置所に約10ヵ月にわたって勾留されていた両氏は、25日午後5時22分頃保釈された。保釈金は泰典氏が800万円、諄子氏が700万円だった。

 同日、両氏は午後8時より大阪市内の弁護士会館で記者会見を行い、IWJはその模様を中継した。また、IWJ記者が質問をぶつけた。

 籠池氏は会見の冒頭マイクを握り、「財務省の問題で勾留されたが、これは国策勾留だと認識している。また、家内に関しては全くの冤罪、まさに人権蹂躙」と訴えた。

 以下は、この会見での質疑をIWJが速報ツイートしたものを加筆、修正したものである。

■ハイライト

  • 会見者 籠池泰典氏(森友学園前理事長)/籠池諄子氏ほか
  • タイトル 森友学園前理事長・籠池泰典氏、諄子氏による保釈後の記者会見
  • 日時 2018年5月25日(金)20:00〜
  • 場所 大阪弁護士会館(大阪市北区)

籠池氏「私が国会における証人喚問で答えたことに虚言はない」~安倍総理は「本当のことを言うべき」

 籠池氏「財務省の問題で拘束された。これは国策捜査だと認識している。妻は冤罪、まさに人権蹂躙。松井維新の党による政治的カモフラージュではないかと思っている。

 詐欺罪で私たち二人を逮捕して国民、府民の目を欺いた。どこに元凶があったのか全て隠されてしまったと思う。国有地の問題も、学校建設も私学審議会での認可適当から始まった。

 私が国会における証人喚問で答えたことに虚言はない。

 瑞穂の國記念小学校に入学されようとしていた方に対して、お詫びを申し上げたい。また寄付を戴いた方にも開校できなかったことにもお詫びを申し上げたい。また、勾留中に差し入れ、手紙を戴いた方には御礼を申し上げたい。

 小学校の建設はいまだあきらめていない。吉田松陰先生の志を持って進ませていただきたい。

 また、今上陛下は憲法9条を改正しようとは思っていないと認識している。今上天皇が危惧されている改正は、されない方がよいと思う。

 私ども夫婦が訴追されている案件については、公判準備中であることから、詳細を話すことは控えたい。国会では国有地売買等について激しい論戦が続いているが、長い間社会から遮断されていて状況を把握できていないため具体的なコメントは差し控えたい」

 記者「長期間の勾留から保釈された気持ちは?」

 籠池氏「ようやく拘置所から出してもらった。非常に苦痛であった。3畳よりちょっと大きい部屋に拘禁されていた状態」

 諄子氏「どんな艱難(かんなん)も自分を磨いてくれる試練だと思って感謝している。ありがとうございます」

 記者「土地の取引に関して昭恵氏の影響はあったと思うか?」

 籠池氏「国会の証人喚問でお話したことで、私は全く虚偽を言っておりませんので、全くそのまま(証人喚問でお話したことをその質問の答えとして)お返しすると、認識してください」

 記者「詐欺罪についての考えは?」

 籠池氏「妻は詐欺等にはまったく関知していない。まさに村木厚子さん(※註)と同じ状況。村木さんは120日くらいの勾留だったが妻は300日。これは人権問題。この民主主義国家にとって考えられないこと。こういう国であることを認識してほしい」

 記者「今、安倍総理に伝えたいことは?」

 籠池氏「しっかり本当のことを対応されるのが良いと思う。為政者というものは本当のことを言うべき。正々堂々と伝達、報告するべきものだと思う」

 IWJ記者「大量の文章が公開されたが、肝心の昭恵さんの関与した日などは含まれず、こうした矛盾につきましても、心身が落ち着きましたら、真実をオープンな記者会見で応じていただけないだろうか。参加メディアに制限があると真実が報じられないので、ぜひお願いしたいと思うのだが」

 籠池氏「はい。私の頭のなかで物事が正確に判断できて、きちっと説明できるときになりましたら対応させていただきます」

 IWJ記者「ぜひ、お願いします」

(註)大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件(ウィキペディアより)
前田恒彦元検事は2009年7月13日、厚生労働省の村木厚子元局長が郵便割引制度適用をめぐる偽の証明書発行事件に関与したとの見立てに合わせるため、フロッピーディスクに記録された偽証明書の最終更新日時を「04年6月1日」から「04年6月8日」に改竄した。2010年10月1日には、前田氏の当時の上司であった大阪地検元特捜部長・大坪弘道及び元副部長・佐賀元明が、主任検事の前田による故意の証拠の改竄を知りながら、これを隠したとして犯人隠避の容疑で、それぞれ逮捕された事件。村木氏は2009年6月14日から11月24日まで5か月間以上にわたり大阪拘置所に勾留されたが、2010年9月21日に無罪確定となった。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「籠池夫妻300日もの勾留後に保釈され久々の籠池節!「これは国策勾留だ!」「『松井維新の党』による政治的カモフラージュにされた!」国有地売却も小学校建設も「大阪府私学審議会の認可適当から始まった!!」~5.25籠池氏会見で訴え!」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    籠池夫妻300日もの勾留後に保釈され久々の籠池節!「これは国策勾留だ!」「『松井維新の党』による政治的カモフラージュにされた!」国有地売却も小学校建設も「大阪府私学審議会の認可適当から始まった!!」 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422584 … @iwakamiyasumi
    黒幕は明らかになる。パンドラの箱は開いたのだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1000351958400577537

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です