【特別寄稿】(速報)新潟県知事選・候補者選び難航が予想された野党の状況が一変!? 池田千賀子県議が電撃的な出馬決意表明。2016年10月と同じく奇跡は起こるか!?(ジャーナリスト・横田一) 2018.5.8

記事公開日:2018.5.9取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:横田一)

※2018年5月14日、テキストを加筆・修正しました。

 「女子大生買春」と銘打った週刊文春の記事が出る前日の4月18日、米山隆一前新潟県知事が「県民の信頼を裏切った」として辞任表明をした。

 「柏崎刈羽原発の再稼動反対」と訴えて誕生した米山県政が任期2年半を残して終止符を打ったことから、5月24日告示の「新潟県知事選(6月10日投開票)」で与野党が再び激突することになったのだ。

 焦点となるのは当然、世界最大の原発である柏崎刈羽原発の再稼働である。米山知事という「邪魔者」が、思いがけない援助交際ゴシップで失脚し、再稼働推進派は勢いづくと見られる。

 いち早く本命候補の絞り込みに動いたのは自民党である。辞任会見の2日後の4月20日には、「寝業師」との異名も持つ、百戦錬磨の二階俊博幹事長と新潟県連会長の塚田一郎参院議員が党本部で面談。自公推薦候補が敗れた前回の教訓を踏まえて「政党色のない候補者選定」の方針で一致したのと同時期に、元新潟県副知事で海上保安庁次長の花角英世氏が有力候補として浮上した。

 「政党色を薄める茶番劇が始まりました。キャッチフレーズは『県民党』です」と巧みな“二階シナリオ”を読み解いたのは地元記者。そのカラクリは、第1に、一見中立そうな印象を与える団体「新しい新潟を考える会」を発足させて自公県議や各種団体が参加し、第2に、ここから花角氏待望論を発信、第3に、「地元からの要請で“県民党候補”が出馬した」ことをアピールするというものだ。

 これに対して野党の候補者擁立は「難航必至」と見られていた。女性問題が原因の辞任であったことから「女性候補が好ましい」との声は少なくなく、地元選出の女性国会議員三名、自由党の森ゆう子参院議員と無所属の菊田まきこ衆院議員(新潟4区)と立憲民主党の西村智奈美衆院議員(新潟1区)の名前があがったが、「補欠選挙をする必要がある」「国会論戦に欠かせない存在」などの理由から頓挫。前回の県知事選候補擁立で白羽の矢が立った元改革派経産官僚の古賀茂明氏と『原発ホワイトアウト』の著者である現役霞ヶ関官僚は、二人とも今回も固辞していた。

 「政党色のない市民が担ぎ上げる“県民党候補”の花角氏擁立」という結末に行き着くための「政治ショー」を順調にこなす自公陣営に対して、「野党統一候補擁立の出遅れ濃厚」という雰囲気が漂っていた5月8日、状況を一変させる緊急出馬会見が14時から新潟県庁で開かれた。

 記者団の前に現れたのは、県知事選候補として名前のあがっていた菊田氏と池田千賀子県議(柏崎市選出)。冒頭で菊田氏が自分自身ではなく、五月連休中に説得した池田氏が県知事選に無所属で立候補することを発表、続いて池田氏が決意表明をした後、質疑応答をしたのだ。

▲会見に臨む菊田まきこ衆院議員(左)と池田千賀子県議(右)

 「なぜ今日、出馬会見なのか」との質問に菊田氏は「女の勝負勘」と回答。まさに電撃的な緊急出馬会見で、先行していたはずの自公陣営の候補者擁立発表の機先を制しただけでなく、彼らのキャッチフレーズ「県民党」も先取り。そして「池田氏こそ“県民党候補”」と強調する一方、「花角氏は総理官邸のご意向に逆らえない“偽装県民党候補”」であるかのように一刀両断にしたのだ。その上で池田氏を幅広い立場の団体や政党が支える態勢にしたいとも菊田氏は語り、”県民党候補”を各野党が支援する統一候補にもなることも否定しなかった。

注:記者会見場では池田県議の経歴のペーパーが配られていた。1961年に柏崎市で生まれ、1981年に柏崎市役所に初の歯科衛生士として採用されて約20年間勤務。2003年に柏崎市議会議員選挙で初当選、3期務めた後の2015年に新潟県議会選挙で初当選。所属会派は「未来にいがた」であった。家族構成は「夫、長男、長女の4人家族、義母と同居」で、趣味は「マラソン、米作り」であった。

記事目次

「これからの日本が原発ゼロの道に進むのか、それとも東日本大震災の教訓を何ら学ぶことなく、従前の原発依存社会に戻るのかの大きな分かれ道になる」池田千賀子氏を知事候補として推薦する菊田まき子衆院議員が「決して新潟県だけの問題ではありません」と強調!

菊田まきこ衆院議員(以下、菊田氏と表記)「政府は現在、エネルギー政策の方向性を決める第五次エネルギー基本計画を検討中ですが、新潟県知事選の結果によっては、これからの日本が原発ゼロの道に進むのか、それとも東日本大震災の教訓を何ら学ぶことなく、従前の原発依存社会に戻るのかの大きな分かれ道になる。決して新潟県だけの問題ではありません。

 高い地位にある優秀な官僚ほど、官邸や権力者の意向に逆らうことができず、記憶喪失になったり、記録やデータがなくなったり、記録を改竄したりということが起こっております。新しい県知事には、こうした総理官邸のご意向に従うような人ではなく、まさに地域の中で人々の庶民の声に耳を傾けることができる方になっていただきたいということを考えて参りました。そこでいろいろと考えて参りましたが、新潟県議会議員の池田千賀子さんが最も相応しい方ではないかということで今日来ていただきました。

 池田さんは柏崎刈羽原発のある柏崎選出の県会議員です。原発のもたらすプラス、マイナスの両方の面を一番知っている人の一人であります。『原発再稼動を阻止して欲しい』という県民の思い、願いを受けとめて、大変悩まれましたが、決意をしていただきました。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「【特別寄稿】(速報)新潟県知事選・候補者選び難航が予想された野党の状況が一変!? 池田千賀子県議が電撃的な出馬決意表明。2016年10月と同じく奇跡は起こるか!?(ジャーナリスト・横田一)」への3件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    菊田まきこ衆院議員「新潟県知事選の結果によっては、これからの日本が原発ゼロの道に進むのか、それとも東日本大震災の教訓を何ら学ぶことなく、従前の原発依存社会に戻るのかの大きな分かれ道になる。決して新潟県だけの問題ではありません」
    https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420371 … @iwakamiyasumiさんから
    https://twitter.com/55kurosuke/status/994164567499423745

  2. 梅谷 より:

    以下の部分を改めていただけませんでしょうか?
    ・「私たちが求めていきたい、県民が求めていきたこと」
     →「私たちが求めていきたい、県民が求めていきたいこと」

    日刊ガイド5.9日号(https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36212)についても、
    ・「快速を改めるべきではないでしょうか」
     →「会則を改めるべきではないでしょうか」

    日刊ガイド5.23日号(https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36424)についても、
    ・「反則行為に寄って関西学院大選手を負傷させた」
     →「反則行為に依って関西学院大選手を負傷させた」
     →「反則行為によって関西学院大選手を負傷させた」

  3. 梅谷 より:

    日刊ガイド6.1日号(https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36590)についても、
    ・「また、提朝鮮半島有事となれば」
     →「また、朝鮮半島有事となれば」

    日刊ガイド6.4日号(https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36642)についても、
    ・「段階的に比較化してゆくとなれば」
     →「段階的に非核化してゆくとなれば」
    ・『そうであるなら、公文書だけは「特別」に改竄していたということになり、その作為についての追求はやはり必死だ』
     →『そうでないなら、該当する公文書だけは「特別」に改竄していたということになり、その作為についての追求はやはり必至だ』
     →『日常的でないのであれば、該当する公文書だけは「特別」に改竄していたということになり、その作為についての追求はやはり必至だ』
    ・「選手が自身をみなぎらせる、というのは」
     →「選手が自信をみなぎらせる、というのは」
    ・「FACIST IS SMILING」
     →「FASCIST IS SMILING」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です