核兵器で平和は守れるか? ノーベル平和賞受賞ICAN川崎哲さんが語る(京都市) 2018.2.10

記事公開日:2018.2.10取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年2月10日(土)14時より、京都市中京区のコープ・イン・京都でヒバクシャ国際署名を大きくひろげる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)学習講演会「核兵器で平和は守れるか?ノーベル平和賞受賞ICAN川崎哲さんが語る」が開かれ、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の国際運営委員・川崎哲氏が講演を行った。ヒバクシャ署名京都の会、京都原水爆被災者懇談会、京都府生協連3団体の共催。

■全編動画 ※講演後に行われた質疑応答は録画に含まれません

  • 開会挨拶 花垣ルミ氏(京都原水爆被災者懇談会世話人代表)
  • 講演 川崎哲氏(核兵器廃絶国際キャンペーン〔ICAN〕国際運営委員、ピースボート共同代表)「核兵器で平和は守れるか?―核兵器禁止条約は世界を変える―」
  • 閉会挨拶 平信行氏(京都被爆2世・3世の会世話人代表)
  • タイトル 核兵器で平和は守れるか? ノーベル平和賞受賞 ICAN川崎哲さんが語る(京都市)
  • 日時 2018年2月10日(土)14:00〜16:00
  • 場所 コープ・イン・京都(京都市中京区)
  • 主催 ヒバクシャ国際署名を大きく広げる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)/京都原水爆被災者懇談会/京都府生活協同組合連合会詳細

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“核兵器で平和は守れるか? ノーベル平和賞受賞ICAN川崎哲さんが語る(京都市)” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    核兵器で平和は守れるか? ノーベル平和賞受賞ICAN川崎哲さんが語る(京都市) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/411899 … @iwakamiyasumi
    これは重要な問い。核で世界が平和になるというのなら、これほど多くの国が核兵器禁止条約に賛成するはずもない。「核の傘」という幻想から目を覚ますときがきている。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/962642825216106498

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です