市民のためのがん治療の会講演会「市民のためのがん医療とは何か」 2015.3.28

記事公開日:2015.3.28取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年3月28日(土)、千葉県習志野市のモリシアホールで、市民のためのがん治療の会講演会「市民のためのがん医療とは何か」が開催された。

■ハイライト

  • 14:00〜 開会あいさつ 會田昭一郎氏(市民のためのがん治療の会代表)/金井弘子氏(千葉県がん患者協議会会長)
  • 14:10〜 講演 竜崇正氏(元千葉県がんセンター病院長、医療・福祉ネットワーク千葉理事長)「市民のためのがん医療とは何か?がんから身を護るために」
  • 14:40〜 講演 西尾正道氏(北海道がんセンター名誉院長)「市民のためのがん医療とは何か」
  • 15:20〜 話 斉藤文子氏(みやもと山)
  • 15:35〜 ディスカッション がん放置療法/放射能汚染/マイナンバ制度/ドラッグラグ・デバイスラグ/子宮頸がんワクチン/民間療法
  • 17:20〜 アジェンダ提案/閉会あいさつ

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です