年金運用「5兆円」損失追及チーム 2016.4.6

記事公開日:2016.4.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年4月6日、東京都千代田区の衆議院本館にて、2015年度の年金積立金の運用損益の見通しと業務概況書の公表についての国対勉強会が開催された。

■ハイライト動画

  • <議題>
    1. 2015年度の年金積立金の運用損益の見通し、業務概況書(年度の運用報告書)の公表について
    2. 2014年10月に株式での運用比率を倍増させなければ2015年度に運用損失が生じなかったという試算について
  • 厚生労働省、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)よりヒアリング
  • (要求資料)
  • 2015年度の運用概況書の公表日を7月29日とすることについて、理由を付記すべきとの提案をした運用委員はどなたか
  • 2015年度の運用概況書の公表日を7月29日とすることについて、GPIF内部で検討が開始された時期、検討主体、検討した会議等の回数、検討にあたっての議論がわかる資料、決定時期
  • 厚労大臣のGPIFに対する指導監督責任の根拠。また、GPIFの年度計画を受理しないことは可能か
  • 7月上旬に、2015年度第4四半期の運用状況を公表することの可否にいて、また公表を検討することの可否についてのGPIFの見解
  • 2014年10月に株式での運用比率を倍増させなければ2015年度に運用損失が生じなかったという試算に対するGPIFの見解
  • 運用委員会の権限
  • 3月10日、29日の運用委員会の議事要旨
  • 日時 2016年4月6日(水) 14:00~
  • 場所 衆議院(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です